「ディスク上のサイズ」が大きすぎる場合の対処法

フォルダのプロパティを見ると,「ディスク上のサイズ」と,「サイズ」の容量が大きく異なる場合があります。

「ディスク上のサイズ」と,「サイズ」の容量が大きく異なっている

「ディスク上のサイズ」と,「サイズ」の容量が大きく異なっている



非表示になっているファイルがあるのかと思い,それらのクリーンアップを試みてみても効果がありません。

では,どうして,「ディスク上のサイズ」と「サイズ」の容量が乖離してしまうのでしょうか。
続きを読む

巨大サイズのダミーファイルを作成する最も簡単な方法

Windowsにおいて、自由なサイズのダミーファイルを作成したい場合があります。

メールの添付ファイルサイズの挙動を確認する際などにも有効です。

そのような場合には、下記のコマンドを実行することによって、巨大なダミーファイルから、小さいダミーファイルまで、自由なサイズのダミーファイルを作成することができます。

まず、コマンドプロンプトを管理者で実行します。

そして、下記のコマンドを実行すると、約50MBのダミーファイルを、filename1という名前で作成します。

fsutil file createnew filename1 50000000

こうして、巨大サイズのダミーファイルなど、自由なサイズのダミーファイルを簡単に作成することができました。