Ciscoデータセンターデザイン – トポロジーの概要

次世代に求められるCiscoデータセンターデザインに関して,トポロジーについての学んだ情報をまとめておきます。

仮想ポートチャネル

仮想ポートチャネル(vPC)は,物理的に接続されている二つのCiscoスイッチをリンクさせることができます。そして,ダウンストリームにいるデバイスから見ると,一つのポートチャネルのように見えます。そのデバイスは,スイッチでもサーバーでも,IEEE 802.3adをサポートしているデバイスであれば何でもOKです。
続きを読む

Ciscoデータセンターデザイン – 次世代に求められること

次世代に求められるCiscoデータセンターデザインに関して,公式ドキュメントから学んだ情報をまとめておきます。

現在のデータセンターは,主に次のような必要を満たすようにして設計されます。

・高いレベルの信頼性があるネットワーク。アップデートや構成変更によるダウンタイムを最小化。ひとたびアーキテクチャが作られたなら,停止することを最小限にとどめて運用すること。

・ネットワーク帯域を効果的に用いる。どのネットワークリンクもアイドル状態であることを望まない。例えば,従来のSTPの技術はアクティブスタンバイの構成なため,帯域を十分に生かすことができない。それで,vPCなどのL2におけるマルチパス技術の必要性が高まっている。

・リソースを最適化し,物理的なノードを増やさなければならない状況をなるべく避ける。サーバー仮想化などによって必要が満たされる。

・新しいサーバーを展開する時間を最小化したい。サーバープロファイルなどの構成ファイルによって新しいハードウェアのセットアップを容易にする。

・データセンターの電力消費量を節約したい。ユニファイドファブリックや,サーバー仮想化,省エネの機器を採用する必要がある。

・低コストでコンピューターパワーを拡張したい。ハイパフォーマンスなクラウドを利用することは,エンタープライス製品をオンプレミスにインストールするよりも競争優位。
続きを読む

Ciscoのグローバルコンフィギュレーションモードとは?

Ciscoルーターにアクセスした後,以下のようなコマンドを流すことが多くあります。

configure terminal

これは,グローバルコンフィグレーションモードと呼ばれるモードに入るためのコマンドです。

グローバルコンフィグレーションモードでは,様々なコマンドにアクセスすることができます。その言葉が意味するように,デバイスに全体的な影響を与える設定です。
続きを読む

CiscoのSwitchを電源Offにする方法

まず,スイッチ製品には,電源スイッチがついていないことが多いです。

理由としては,基本的に電源を切る必要がない機器であることと,誤って電源Offにしてしまうリスクを減らすためです。

例えば,Cisco CatalystやCisco Nexusスイッチには,電源スイッチが付いていません。それで,電源コードをAC電源に差し込むとブートプロセスが走るようになっています。

では,電源Offにするためにはどうしたらよいのでしょうか。
続きを読む