Ciscoのグローバルコンフィギュレーションモードとは?

Ciscoルーターにアクセスした後,以下のようなコマンドを流すことが多くあります。

configure terminal

これは,グローバルコンフィグレーションモードと呼ばれるモードに入るためのコマンドです。

グローバルコンフィグレーションモードでは,様々なコマンドにアクセスすることができます。その言葉が意味するように,デバイスに全体的な影響を与える設定です。

このグローバルコンフィグレーションモードでコマンド入力を行うと,デバイス全体に対して設定を浸透させることができます。例えば,ルータに名前を設定したり,パスワードを設定したりする場合です。

さらにそこから,特定のコンフィグモードに入って,インターフェースやその他の設定を行うこともできます。

グローバルコンフィグレーションモードに入ると,プロンプトに(config)という文字列が付くので,それで判別することができます。

switch# configure terminal
switch(config)#

グローバルコンフィグレーションモードに入るためには,ユーザーモードではなく,特権モードである必要があります。初めてログインした時には,Cisco NX-OSでは特権モードとしてログインされることになります。

スイッチ名の後に#シャープが付いているときには,特権モードに入っていることを示しています。

グローバルコンフィグレーションモードから特権モードに戻る時には,exitコマンドを叩き,さらにユーザーモードに戻るには,disableコマンドを用います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。