Windows7のログオン画面をキャプチャする方法

操作マニュアルなどを作成する際に、Windows7のログオン画面をキャプチャしたい場合があります。

しかし、ログオン前ですので、キャプチャするためのソフトを起動させることができません。

そのような時には、リモートデスクトップを使って他のWindows7マシンにログインしたり、VMwareなどのバーチャルマシンを立ちあげて、その中でWindows7を起動させることにより、容易にキャプチャを取ることができます。

取得したログオン前のキャプチャ画面を下記にアップしておきますので、利用したい方はどうぞご自由にお使いください。


■「ログオンするにはCtrl+Alt+Delを押してください。」の画面キャプチャ。
ログオンするにはCtrl+Alt+Delを押してください。

■「ユーザー名とパスワードの入力」の画面キャプチャ
ユーザー名とパスワードの入力画面のキャプチャ

■「コンピューターの簡単操作」の画面キャプチャ
「コンピューターの簡単操作」の画面キャプチャ

■「ようこそ」の画面キャプチャ
ようこそ画面のキャプチャ


こうして、Windows7において、ログオン前の画面キャプチャを取得することができました。

PowerPoint2010でレーザーポインターを表示させる方法

PowerPoint2010では、プレゼンテーションをしている際に、マウスカーソルを赤いレーザーポインターに変更する事ができます。

Ctrl】を押しながら【マウスの左ボタン】を押し続けている間、マウスカーソルは赤いレーザーポインターに変更されます。

マウスカーソルを用いてスライドの一部分を指し示すよりも、レーザーポインターとして指し示す方が、視認性が高くなります。


ちなみに、レーザーポインターの色を、規定の赤から変更する事もできます。

PowerPointの【スライドショー】タブの【設定】で、【スライドショーの設定】をクリックします。

現れたダイアログの中で、【レーザーポインターの色】という項目がありますので、そこでレーザーポインターの色を変更する事ができます。


こうして、PowerPoint2010において、マウスカーソルをレーザーポインターに変更する事ができました。

リモートデスクトップ接続をコマンドで呼び出す方法とその略称の意味

Widnows XP Professionalから搭載されている機能の「リモートデスクトップ接続」。

Windows7では、【すべてのプログラム】>【アクセサリ】>【リモートデスクトップ接続】として呼び出せますが、

コマンドで呼び出す方法を覚えておくと便利です。


リモートデスクトップ接続をコマンドで呼び出すには、

【Windowsキー】を押して【プログラムとファイルの検索】から

mstsc

と入力することで、リモートデスクトップ接続を立ち上げることができます。




非常に覚えにくいコマンドなのですが、mstscとは何の略なのでしょうか。

これは、Microsoft Terminal Services Client の略称と考えられます。


リモートデスクトップ接続」は、以前は「ターミナルサービスクライアント」と呼ばれていましたので、その名残と考えられます。

これでコマンドが少し覚えやすくなるかもしれません。


こうして、リモートデスクトップ接続を、コマンドから呼び出すことができました。

Excel2010で打ち消し線を入れる最も簡単な方法

Excel2010で打ち消し線を表示させたい場合には、

打ち消し線を挿入したいセルにカーソルを合わせた状態で、

Ctrl + 5】を押下することによって、打ち消し線を表示させることができます。




もしくは、下記のマウス操作によっても可能です。



打ち消し線を表示させたいセルにカーソルを合わせた状態で、

【ホーム】タブの【フォント】の右下コーナーをクリック。


Excel2010で打ち消し線を入れる最も簡単な方法1



【取り消し線】にチェックを入れる

Excel2010で打ち消し線を入れる最も簡単な方法2




こうして、Excel2010において、打ち消し線を表示させることができました。

Excel2010で打ち消し線を入れる最も簡単な方法3



Excel2010では、「打ち消し線」ではなく、「取り消し線」という表記になっているのがポイントです。

Word2010で変更履歴を削除する方法

Word2010で【変更履歴の記録】を行なっている場合、変更した個所が延々と記録されてゆきます。

表示を【最終版】にして、変更履歴を表示させないようにしたとしても、変更履歴は削除されていません

しかし、他の人にWordファイルを送信する前など、変更履歴を削除しておきたい場合があります。

以下の手順を行なうと、Word2010において変更履歴を削除することができます。

 

校閲】タブの【承諾】ボタンから、【ドキュメント内のすべての変更を反映】をクリックします。

Word2010で変更履歴を削除する方法

 

これで、すべての変更点が確認されたことになり、履歴が削除されます。

こうしてWord2010において、変更履歴を削除することができました。

[Word]実行しようとしている機能には、マクロまたはマクロ言語のサポートを必要とするコンテンツが含まれています。

Word2010をインストールして使用する際、Word2010の終了時に下記のエラーメッセージが表示される場合があります。

実行しようとしている機能には、マクロまたはマクロ言語のサポートを必要とするコンテンツが含まれています。ただし、ユーザーまたは管理者がこのアプリケーションをインストールしたときに、マクロまたはコントロールのサポートはインストールしないように設定されています。

実行しようとしている機能には、マクロまたはマクロ言語のサポートを必要とするコンテンツが含まれています。


ここで、Word2010のマクロのセキュリティ設定や、保護されたビューに関する調整を行うよう促されるのですが、結局問題は解消しません



OK】をクリックすると、下記のメッセージも毎回表示されます。

全文書対象のNormalテンプレートに影響する変更が行われています。変更を保存しますか?

全文書対象のNormalテンプレートに影響する変更が行われています。変更を保存しますか?


キャンセル】をクリックすると、Word2010は一応終了できます。



そこで、上記のエラーを表示させないようにするには、下記の手順に従う必要があります。

まず、【プログラムのアンインストールまたは変更】から、【Microsoft Office Professional Plus 2010】を選択し、【変更】をクリックします。

Microsoft Office Professional Plus 2010を変更する



機能の追加/削除】を選択します。

機能の追加/削除



Office共有機能】から【Visual Basic for Applications】を選択し、【マイコンピューターから実行】を選び、【続行】します。

Visual Basic for Applications



ウィザードにしたがってインストールを完了させます。



次回から、Word2010を利用する際には、エラーは表示されなくなるはずです。

こうして、Word2010において、「実行しようとしている機能には、マクロまたはマクロ言語のサポートを必要とするコンテンツが含まれています。」「全文書対象のNormalテンプレートに影響する変更が行われています。」というエラーを解消することができました。

[Windows7]ウィンドウが勝手に最大化しないようにする方法

Windows7では、ウィンドウを画面端に移動させると、勝手に画面が最大化されてしまいます。

これは、AeroSnapという機能で、画面を素早く整列させるのに有効です。


しかし、勝手に画面が最大化されてしまうと、ウィンドウを操作しづらいと感じるユーザーも多いようです。


そこで、ウィンドウを画面の端に移動させても、画面サイズが最大化しないようにする方法は下記の通りです。


まず、デスクトップの何もないところで右クリックし、【個人設定】を開きます。

ウィンドウが勝手に最大化しないように、まず個人設定を開く



次に、【コンピューターの簡単操作センター】をクリックします。

ウィンドウが勝手に最大化しないように、コンピューターの簡単操作センターをクリック



マウスを使いやすくします】をクリックします。

ウィンドウが勝手に最大化しないように、マウスを使いやすくしますをクリック



ウィンドウが画面の端に移動されたとき自動的に整列されないようにします】にチェックを入れ、【適用】をクリックします。

ウィンドウが勝手に最大化しないように、ウィンドウが画面の端に移動されたとき自動的に整列されないようにします、にチェック



こうして、Windows7において、ウィンドウを画面の端に移動させた際に、勝手にウィンドウが最大化されてしまう問題を解消することができました。

sysprepの回数制限を回避する方法

Windows7のsysprepの回数制限を回避する方法としては、下記の情報が役に立ちます。


skiprearmを使って何度もsysprepをかける方法


skiprealmを用いた応答ファイルを利用することによって、Windows7の3回というsysprepの回数制限を回避することができます。

方法としては、Unattend.xmlという応答ファイルを作成し、それを読み込ませながらsysprepをかければ、sysprepの回数制限を回避できます。

Windows7のマスターイメージを作成する際には非常に便利な方法なので、覚えておくとよいかもしれません。

Adobe Readerのスタンドアローン版をダウンロードする方法

Adobe Readerをダウンロードしようとすると、インターネット環境にないマシンではインストールできないセットアップファイルがダウンロードされてしまいます。

しかし、イントラ環境にある社内で再配布したい場合などには不便です。


そのような場合には、Adobe Readerのスタンドアローン版をダウンロードする必要があります。

AdobeReaderのスタンドアローン版(再配布版)は下記のURLからダウンロードすることができます。

ftp://ftp.adobe.com/pub/adobe/reader/win/(別ウィンドウで開きます)


上記のURLから、まず、Adobe Readerのバージョンを選択していきます。

最新のAdobe Readerのバージョンを選択する



そして、言語を選びます。

Adobe Readerの言語を選択する



その後に現れるexeファイルを右クリックして【対象をファイルに保存】します。


こうして、AdobeReaderのスタンドアローン版をダウンロードすることができました。

Acrobat 8 Professional のアップデータを一度に適用する方法

PCをリカバリしたり、Windows7にアップグレードする際、
Acrobat 8 Professionalを再インストールしなければならない状況があります。

そこで、最新版までのアップデートを行わなければなりませんが、
インターネットに直接つながっていないイントラ環境の場合は、手動でアップデータをインストールする必要があります。

ところが、Acrobat8のアップデータは、

【8.0.0】→【8.1.0】→【8.1.2】・・・【8.3.2】

という具合に、合計17個(2012/3/30時点)ものインストールを行う必要があり、それぞれ再起動が求められるので、非常に手間のかかる作業になってしまいます。

そこで、一度でアップデータを適用する方法が下記に記載されています。

http://kb2.adobe.com/jp/cps/233/233584.html

ちなみに、上記URL内に補足的に記載されている下記の方法を行うと、インストーラーが正常に動きませんので注意が必要です。

1.「6468.mst」ファイルをダウンロードし、上記手順 1. のフォルダに追加します。
2.「setup.ini」ファイルの [Product] セクションで、CmdLine= に以下のように「6468.mst」ファイルを追加します。 

CmdLine=TRANSFORMS="AcroPro.mst;6468.mst" ADDLOCAL=ALL