【VitrualBox】VT-x is disabled in the BIOS.というエラーの対処法

VitrualBoxのバージョンをアップグレードしたタイミングで、

次のようなエラーが出てしまい、バーチャルマシンを起動できなくなる場合があります。

VT-x is disabled in the BIOS.
(VERR_VMX_MSR_VMXON_DISABLED).

VirtualBoxをアップグレードすると、VT-x is disabled in the BIOSというエラーが出てしまい、起動できない。

VirtualBoxをアップグレードすると、VT-x is disabled in the BIOSというエラーが出てしまい、起動できない。



これは、VitrualBoxの問題というより、コンピューターのCPUが仮想化の機能(VT-x)に対応してないことに原因があります。

ちなみに、VT-xとは、Intelによる仮想化支援技術のことです。

ですので、VitrualBoxがこの機能を使わないように設定してあげましょう。

VirtualBoxの仮想マシンにおいてVT-xを無効化する手順


まず、コマンドプロンプトを開いてください。

そして、VitrualBoxがインストールされているディレクトリに移動します。

cd C:\Program Files\Oracle\VirtualBox

バーチャルマシンの一覧を表示させます。

VBoxManage.exe list vms

そして、マシン名を確認し、次のようなコマンドで設定を変更します。

VBoxManage.exe modifyvm Windows7 --longmode off
("Windows7"の部分は、上記で確認したマシン名に置き換えてください)

VBoxManageというコマンドでVitrualBoxの設定を変更する

VBoxManageというコマンドでVitrualBoxの設定を変更する



これで、設定は完了です。

バーチャルマシンが正常に起動するかどうか、確認してみてください。

こうして、アップグレードによって起動しなくなってしまったVitrualBoxのマシンを、起動させることが出来るようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。