sysprepの回数制限を回避する方法

Windows7のsysprepの回数制限を回避する方法としては、下記の情報が役に立ちます。


skiprearmを使って何度もsysprepをかける方法


skiprealmを用いた応答ファイルを利用することによって、Windows7の3回というsysprepの回数制限を回避することができます。

方法としては、Unattend.xmlという応答ファイルを作成し、それを読み込ませながらsysprepをかければ、sysprepの回数制限を回避できます。

Windows7のマスターイメージを作成する際には非常に便利な方法なので、覚えておくとよいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。