ADFSを再インストールする際にAdfsArtifactStore.mdfのエラーが出る場合の対処法

ADFSサービスを再構築し,コンフィグのウィザードを進めていった先で,以下のようなエラーが出る場合があります。

Unable to open the physical file "C:\Windows\WID\Data\AdfsArtifactStore.mdf". Operating system error 2: "2(The system cannot find the file specified.)".
Could not restart database "AdfsArtifactStore". Reverting to the previous status.
ALTER DATABASE statement failed.
File activation failure. The physical file name "C:\Windows\WID\Data\AdfsArtifactStore_log.ldf" may be incorrect.

Unable to open the physical file "C:\Windows\WID\Data\AdfsArtifactStore.mdf".というエラーが出る。

Unable to open the physical file “C:\Windows\WID\Data\AdfsArtifactStore.mdf”.というエラーが出る。



AdfsArtifactStore.mdfファイルを開くことができなかったという旨のエラーメッセージですが,ファイル自体はそのパスに存在しています。

そしてファイルへのアクセス権も問題なく付いているように思います。

再起動して試してみても,結果は変わりません。

AdfsArtifactStore.mdfに書き込めない場合の最速の解決法


SQL Server Management Studio等をインストールして,DBにディープダイブしていくこともできるかもしれませんが,個人的におススメなのは,WIDをリセットすることです。

WIDとは,Windows Internal Databaseの機能の略です。
主に,Active Directory Rights Management サービス (AD RMS)や,Windows Server Update Services (WSUS)などで使用されることが多い内部データベースです。

WIDをリセットしても,基本的に問題が生じることはありませんが,明らかにWIDに依存している他のアプリケーションがある場合には,慎重に計画しましょう。


WIDをリセットする方法


WIDをリセットするためには,WIDの機能をいったんアンインストールして,再インストールするのが最も手軽です。

プログラムと機能から,Windows Internal Databaseをアンチェックして,機能をアンインストールしましょう。

Windows Internal Databaseの機能をアンインストールする。

Windows Internal Databaseの機能をアンインストールする。



その後,サーバーを必ず再起動してください。

再起動した後,以下のパスにあるファイルをすべて削除します。

C:\Windows\WID\Data

C:\Windows\WID\Dataにあるファイルをすべて削除する。

C:\Windows\WID\Dataにあるファイルをすべて削除する。



そして,WIDの機能を再び有効化します。再起動は求められません。


これで,WIDをリセットすることができました。

再びADFSのコンフィグを試みると,先ほどのエラーが解消してることが確認できると思います。


以上,ADFSを再インストールする際にAdfsArtifactStore.mdfのエラーが出る場合の対処法でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。