Excel2010で打ち消し線を入れる最も簡単な方法

Excel2010で打ち消し線を表示させたい場合には、

打ち消し線を挿入したいセルにカーソルを合わせた状態で、

Ctrl + 5】を押下することによって、打ち消し線を表示させることができます。




もしくは、下記のマウス操作によっても可能です。



打ち消し線を表示させたいセルにカーソルを合わせた状態で、

【ホーム】タブの【フォント】の右下コーナーをクリック。


Excel2010で打ち消し線を入れる最も簡単な方法1



【取り消し線】にチェックを入れる

Excel2010で打ち消し線を入れる最も簡単な方法2




こうして、Excel2010において、打ち消し線を表示させることができました。

Excel2010で打ち消し線を入れる最も簡単な方法3



Excel2010では、「打ち消し線」ではなく、「取り消し線」という表記になっているのがポイントです。

Word2010で変更履歴を削除する方法

Word2010で【変更履歴の記録】を行なっている場合、変更した個所が延々と記録されてゆきます。

表示を【最終版】にして、変更履歴を表示させないようにしたとしても、変更履歴は削除されていません

しかし、他の人にWordファイルを送信する前など、変更履歴を削除しておきたい場合があります。

以下の手順を行なうと、Word2010において変更履歴を削除することができます。

 

校閲】タブの【承諾】ボタンから、【ドキュメント内のすべての変更を反映】をクリックします。

Word2010で変更履歴を削除する方法

 

これで、すべての変更点が確認されたことになり、履歴が削除されます。

こうしてWord2010において、変更履歴を削除することができました。

Adobe Readerのスタンドアローン版をダウンロードする方法

Adobe Readerをダウンロードしようとすると、インターネット環境にないマシンではインストールできないセットアップファイルがダウンロードされてしまいます。

しかし、イントラ環境にある社内で再配布したい場合などには不便です。


そのような場合には、Adobe Readerのスタンドアローン版をダウンロードする必要があります。

AdobeReaderのスタンドアローン版(再配布版)は下記のURLからダウンロードすることができます。

ftp://ftp.adobe.com/pub/adobe/reader/win/(別ウィンドウで開きます)


上記のURLから、まず、Adobe Readerのバージョンを選択していきます。

最新のAdobe Readerのバージョンを選択する



そして、言語を選びます。

Adobe Readerの言語を選択する



その後に現れるexeファイルを右クリックして【対象をファイルに保存】します。


こうして、AdobeReaderのスタンドアローン版をダウンロードすることができました。

MacのSkitchでメニューをキャプチャする方法

Macの代表的なスクリーンキャプチャソフトとして、Skitchというフリーソフトがあります。

非常に便利なキャプチャソフトなのですが、「メニューバーをプルダウンした状態」をキャプチャしたい場合に、方法に悩みます。

なぜなら、Skitchのキャプチャボタンを押した瞬間に、プルダウンメニューは消えてしまうからです。

SkitchのSnapを押した瞬間にプルダウンメニューは消えてしまう


そのような場合、次の方法が最も効率的だと思います。


まず、プルダウンメニューを表示させた状態で、Command+Shift+4を押し、キャプチャしたい範囲をドラッグで指定します。

すると、キャプチャされた画像がデスクトップに保存されます。

その後、保存された画像ファイルのメニューから、【このアプリケーションで開く】>【Skitch.app】を選択します。

このアプリケーションで開くからSkitchを選択


すると、プルダウンメニューがキャプチャされた画像をSkitchで編集する事ができます。


こうして、MacのスクリーンキャプチャソフトSkitchで、メニューバーのプルダウンメニューをキャプチャする事ができました。


その他にも、下記のサイトで紹介されているように、Skitchのタイマーを用いる方法もあるようです。
りんご(Mac)にハマる: Skitchでプルダウンメニューをキャプチャする方法(別ウィンドウで開きます)

Mac用Chromeのスタンドアローン版をダウンロードする方法

通常、Mac用Chromeをインストールする際には、

インターネットにアクセスできる環境でしか、Chromeのセットアップが行えません。


そのような場合には、Mac用スタンドアローン版のChromeのセットアップファイルをダウンロードする必要があります。

方法は簡単で、ダウンロードURLの末尾に、

?standalone=2

を付加してアクセスすると、Mac用スタンドアローン版のChromeをダウンロードすることができます。
(2012/4/5時点)

http://www.google.com/chrome/eula.html?standalone=2(別ウィンドウで開きます)


こうして、オフライン環境でもインストールできる、Mac用スタンドアローン版のChromeをダウンロードすることができました。

Acrobat 8 Professional のアップデータを一度に適用する方法

PCをリカバリしたり、Windows7にアップグレードする際、
Acrobat 8 Professionalを再インストールしなければならない状況があります。

そこで、最新版までのアップデートを行わなければなりませんが、
インターネットに直接つながっていないイントラ環境の場合は、手動でアップデータをインストールする必要があります。

ところが、Acrobat8のアップデータは、

【8.0.0】→【8.1.0】→【8.1.2】・・・【8.3.2】

という具合に、合計17個(2012/3/30時点)ものインストールを行う必要があり、それぞれ再起動が求められるので、非常に手間のかかる作業になってしまいます。

そこで、一度でアップデータを適用する方法が下記に記載されています。

http://kb2.adobe.com/jp/cps/233/233584.html

ちなみに、上記URL内に補足的に記載されている下記の方法を行うと、インストーラーが正常に動きませんので注意が必要です。

1.「6468.mst」ファイルをダウンロードし、上記手順 1. のフォルダに追加します。
2.「setup.ini」ファイルの [Product] セクションで、CmdLine= に以下のように「6468.mst」ファイルを追加します。 

CmdLine=TRANSFORMS="AcroPro.mst;6468.mst" ADDLOCAL=ALL

Word2010が読み取り専用になってしまう不具合を解消する方法

Word2010を利用している際に、読み取り専用ではないにも関わらず、

編集中に勝手に読み取り専用になってしまい

上書き保存ができなくなる不具合が存在します。


そのような場合には、

Wordファイルがデスクトップ上に置かれていないか確かめてみる必要があります。


デスクトップから、他のユーザーフォルダに移動させた状態で編集してみると、

読み取り専用になることなく、

普通に作業を行なうことができるようになる場合があります。


ちなみに私が遭遇した不具合は、変更履歴を保存しているWord文書において、コピー&ペーストを行った瞬間に、読み取り専用に代わってしまいます。


こうして、Wordファイルをデスクトップから他のデータフォルダに移動した後に作業することによって、Word2010が勝手に読み取り専用になってしまう不具合を、解消することができました。

Visual C++ Runtime Error Abnormal Program Terminationの対処方法

Internet Explorerや、その他の様々なプログラムにおいて、

Visual C++ Runtime Error

Abnormal Program Termination

というエラーが吐き出されることがあります。

このような場合には、下記の対処法が有効なようです。

  • ウイルスソフトを一時的に切ってみる


  • Windowsの更新プログラムを適用させてみる


  • Googleツールバーをアンインストールしてみる




いずれにしても再起動してみましょう。

こうして、Visual C++ Runtime Error Abnormal Program Terminationのエラーを解決することができました。

サーバーのメモリチェックを簡単に行う方法

サーバー機器などでハイアベイラビリティ(故障率の低さ)をうたっていても、メモリの不具合がボトルネックになってしまう場合があります。

ですので、サーバーのメモリを増設したり交換した際には、メモリに初期不良が生じていないか、メモリチェックを行うのは必須です。

そこで非常に簡単かつ有能なメモリチェックツールをご紹介いたします。

その名は、Memtest86+です。

下記のURLからダウンロードできます。

http://www.memtest.org/

Download (Pre-built & ISOs)という項目から、最新のバージョンのISOファイルをダウンロードします。

そして、ダウンロードしたISOファイルを、CD-Rに焼きます。
(DVD-Rでもよいのですが、小さいISOファイルなので)

焼いたCD-Rをサーバーに挿入し、起動させると、自動的にメモリチェックツールが立ち上がり、メモリチェックが始まります。

サーバーのメモリチェックを簡単に行う方法

ECCメモリにも対応しています。

ちなみに、すべてのメモリチェックを完了するのに、数時間はかかりますので、気長に待ちましょう。
また、メモリチェック中は、CD-Rを取り出さないようにしましょう。

メモリチェックが1周終わると、自動的に2周目のメモリチェックが始まります。

何周もまわす必要性を主張する方もおられますが、個人的には1周でよいと思います。

こうして、サーバーのメモリ増設や交換に際して、メモリチェックを行う事ができました。

SCCMでプログラムの配布を強制的に適用させる方法

SCCMで、新しいソフトウェアを配布(new program advertisements)した際に、SCCMからの配布を待つのではなく、

クライアント側から強制的にSCCMにプログラムを取りに行かせたい場合があります。

そのような際には、クライアントの【コントロールパネル】から【Configuration Manager】を開き、

Actionsタブ】の中から、ふさわしい項目を選択し、

Initiate Action】(アクションを開始)することができます。

SCCMでプログラムの配布を強制的に適用させる方法

こうして、SCCMにおいて、ソフトウェアの配布サイクルを強制的に適用させることができました。