PowerShellでコンピューターオブジェクトの作成日が古い順にソートする方法

Active Directory内に存在するコンピューターオブジェクトから,オブジェクトの作成日が古いもの順にソートして出力したいということがあるかもしれません。

例えば,ドメインコントローラーの中で作成日が一番古いものを調べて,リプレースのテストを行うなどです。

あるいは,ある時点以降に作成されたコンピューターオブジェクトに不具合が発生している可能性がある場合に,作成日が新しい順でソートして,調査したいということもあるかもしれません。

このような場合に,PowerShellで作成日を順にオブジェクトをソートして出力することが可能です。

PowerShellでコンピューターオブジェクトの作成日が古い順にソートする

ドメイン内のすべてのコンピューターオブジェクトを対象にする場合には,以下のPowerShellコマンドを流してみてください。

Import-Module ActiveDirectory
Get-ADComputer -filter * -properties created | select-object name, created | sort created

特定のOU内に存在するコンピューターオブジェクトを検索する場合には,以下のようなPowerShellです。

Import-Module ActiveDirectory
Get-ADComputer -filter * -SearchBase 'OU=Domain Controllers, DC=corporation, DC=co, DC=jp' -properties created | select-object name, created | sort created

これで,オブジェクトの作成日が古い順にソートして,一覧を出力することができました。

PowerShellでコンピューターオブジェクトの作成日が新しい順にソートする

逆に,オブジェクトの作成日が新しい順に並べ替えるには-Descendingオプションを付けて,以下のように記述します。

Import-Module ActiveDirectory
Get-ADComputer -filter * -SearchBase 'OU=Domain Controllers, DC=corporation, DC=co, DC=jp' -properties created | select-object name, created | sort created -Descending

これで,最近作られた新しいオブジェクトの順に,結果がソートされて出力されます。

 

以上,PowerShellでコンピューターオブジェクトの作成日が古い順/新しい順にソートして出力する方法でした。

Amazon売れ筋No.1チェアが4000円引きで2万以下[腰痛対策]

現時点(2020/7/3)で,Amazonのゲーミングチェア売れ筋No.1のチェアが4000円引きで売られています。

ゲーミングと名付けられていますが,要するに長時間座っていても疲れにくいことを目的としたチェアですので,オフィスワーカーにもピッタリかと。

このクオリティで2万を切るというのは,価格崩壊感あり。

しかもオットマン(足置き)付きのモデルなので,少し休憩したい際に,ほぼフラットに倒しつつ足を延ばして仮眠できます。

リモートワーク時代に入って,自宅の貧弱な椅子による腰痛が大きな問題に。

それで,こういうホールド感のある,また腰・首サポートのあるチェアを使って,体への負担を軽減しましょう。腰は一生ものですので,将来を考えると,これで2万は良い投資。

両サイドからの適度な締まりによって,集中力も上がり,一日の生産性が高まる効果も期待できそう。

リモートワーク時代で爆売れ中のようですので,気になる方は早めにポチっておくのが良いかと。今なら翌日届くようです。

PowerShell
MacRuby

コメント