スポンサーリンク

SCCM2007のログファイルの意味一覧

スポンサーリンク

SCCM(System Center Configuration Manager)のクライアントログは、下記の場所に格納されています。

マネジメントポイントの場合

%ProgramFiles%\SMS_CCM\Logs

その他のすべてのクライアントの場合

%Windir%\System32\CCM\Logs
%Windir%\SysWOW64\CCM\Logs


ログファイル名 ファイルの説明
CAS アクセスサービスに関するログです。ローカルパッケージのキャッシュを保持します。
Ccmexec.log クライアントと、SMSエージェントホストサービスのアクティビティログです。
CertificateMaintenance.log アクティブディレクトリサービスやマネジメントポイントの証明書を記録しています。
ClientIDManagerStartup.log クライアントのGUIDを生成し、ログを残します。
ClientLocation.log サイトにアサインされたタスクのログです。
ContentTransferManager.log バックグラウンドインテリジェントトランスファーサービス(BITS)やサーバーメッセージブロック(SMB)のダウンロードやSMSパッケージにアクセスするためのスケジューリングをします。
DataTransferService.log ポリシーやパッケージアクセスのための、すべてのBITSのやり取りを記録しています。
Execmgr.log 配信されたアドバタイズメントの動作ログです。
FileBITS.log SMBパッケージアクセスのタスクをすべて記録しています。
Fsinvprovider.log ソフトウェアの管理や、ファイルコレクションのための、Windowsマネジメントインストルメント(WMI)のログです。
InventoryAgent.log ディスカバリーデータレコード(DDRs)を作成したり、ハードウェアやソフトウェアの管理ログを作成します。
LocationServices.log マネジメントポイントや、ディストリビューションポイントのログです。
Mifprovider.log .MIFファイルのためのWMIプロバイダーログです。
Mtrmgr.log すべてのソフトウェアのメータリングプロセスを監視します。
PolicyAgent.log データトランスファーサービスを利用する際のリクエストポリシーです。
PolicyAgentProvider.log ポリシーの変更を記録します。
PolicyEvaluator.log 新しいポリシー設定を記録します。
Remctrl.log リモートコントロールコンポーネントを起動した際のログです。
Scheduler.log すべてのクライアントオペレーションのスケジュールされたタスクを記録します。
Smscliui.log コントロールパネル内での、システムマネジメントツールの利用ログです。
StatusAgent.log クライアントコンポーネントによって作られるステータスメッセージです。
SWMTRReportGen.log メータリングエージェントによる利用データの収集ログです。

SCCMのトラブルシューティングにおいては、ログファイルの意味の把握はとても重要ですね。

コメント