WordPressをhttps化したらAdsenseの収益が半減した話

先日,KUSANAGI環境において,サイトを一発でSSL化する手順について記しました。

その後,https化してから3-5日ほど経ってからでしょうか,Adsenseの収益が顕著に減ってしまいました。

週末をはさんだため,少しアクセス数が減っただけかと思いきや,平日になっても戻ってきません。

SSL化したほうがSEOにも有利になるというのは,元々Googleのおすすめで行ったため,まさかこのような結果になるとは想像もしていませんでした。

https化は必ずよい効果をもたらすだろうと100%盲信していました。

KUSANAGIでのhttps化は,きちんと301リダイレクトもしてくれますし,その後,リンク切れ等の不具合は一切感じていませんが,なぜか収益が戻ってきません。

Googleサーチコンソールを見てみると,検索からの流入がやはり半減しています。

しかし興味深いことに,Analyticsのデータを見ると,アクセス数は特に変わっていないように見えるので,問題が生じていることに気づくのが遅くなってしまいました。

https化すると収益が下がるのはよくあることだった


それで調べてみると,かなり多くの方が同じ症状を報告しておられました。

そして多くの場合,https化を行った直後にガクッとさがり,その後,徐々に回復していくものの,元通りにはならないという症状です。

これは,http時代に築いた被リンクなどの情報が,https化されたサイトに引き継がれないからなのではないかという憶測が飛び交っていますが,現時点ではそのようなことはなさそうです。

そして,検索流入数は減っていないものの,広告クリック率が圧倒的に下がっているという事を考えると,もしかするとAdsenseの仕様として,httpとhttpsサイトの間でゆらぎが生じており,最適な広告表示になっていない可能性があるかと思いました。

また,これは仮説でしかないですが,Googleサーチコンソールで登録していたのがhttpサイトのままだったのも関係しているかもしれません。

https化した場合には,Googleサーチコンソールでも,Analyticsでも,httpで登録されている情報をhttpsに変更する作業が必要です。

全く関係ない可能性もありますが,なるべくはやくhttpsのサイトをインデックスしてもらうためにも,修正しておくに越したことはないでしょう。

とりあえず,他の方の報告を参考にし,1か月程度様子を見てみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。