This latency is over the Tombstone Lifetime of 60 days!というWarningの対処法

クライアントにグループポリシーが正しく当たらない場合など,RODCの不具合が疑われることがあります。
WAN回線が低速で不安定な場合には特にそうです。

それで,レプリケーションなどがうまく行っているのかを確認するために,RODC上でdcdiagを叩くと,以下のようなWarningが出る場合があります。

This latency is over the Tombstone Lifetime of 60 days!

Starting test: Replications
 REPLICATION-RECEIVED LATENCY WARNING
 RODC100:  Current time is 2018-01-19 08:20:09.
    DC=ForestDnsZones,DC=wtbts,DC=net
       Last replication received from RODC01 at
  2015-01-03 11:23:56
       WARNING:  This latency is over the Tombstone Lifetime of 60 days!
       Last replication received from RODC02 at
  2016-01-30 01:23:13
       WARNING:  This latency is over the Tombstone Lifetime of 60 days!
       Last replication received from RODC03 at
  2015-11-14 10:25:00
       WARNING:  This latency is over the Tombstone Lifetime of 60 days!
       Last replication received from RODC04 at
  2015-12-05 01:12:23
       WARNING:  This latency is over the Tombstone Lifetime of 60 days!
       Last replication received from RODC05 at
  2016-05-14 04:41:13
       WARNING:  This latency is over the Tombstone Lifetime of 60 days!
       Last replication received from RODC06 at
  2015-05-21 20:12:24
       WARNING:  This latency is over the Tombstone Lifetime of 60 days!
       Last replication received from RODC07 at
  2016-06-16 11:13:21
       WARNING:  This latency is over the Tombstone Lifetime of 60 days!


このエラーは何を意味しているかというと,Tombstone Lifetimeとして設定されている60日以上レプリケーションされていない残留オブジェクトがありますよ,という警告です。

しかし,必ずしもこのエラーは問題ではないかもしれません。

なぜなら,repadmin /removelingeringobjectsコマンドで残留オブジェクトをクリーンアップしようとしても,システムに関係したクリティカルオブジェクトは削除されないからです。

つまり,他のRODCのコンピューターオブジェクトなどは,removelingeringobjectsコマンドでは削除されません。

それで,それらの存在しないRODCコンピューターオブジェクトとのレプリケーション最終時刻が60日以上前なので,警告を出しているわけです。

その条件が当てはまる場合,このWarningは無視するしかありません。

どうしても気になる場合には,RODCを再構築しましょう。Domain Adminsの権限で,残留オブジェクトを削除していってもよいのですが,多岐にわたる設定が関係するためお勧めいたしません。


以上,This latency is over the Tombstone Lifetime of 60 days!という警告が出た場合の対処法でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。