DPMで”Replica is inconsistent”というエラーが出る場合の対処法

DPMを運用していると,時おり以下のようなエラーに遭遇することがあります。

Replica is inconsistent

Computer\System Protectionを保護している場合によく生じるエラーですが,どのような対処法があるのでしょうか。

1.Windows Server Backup機能をインストールしているかチェックする

まずチェックすべきなのは,DPMエージェントをインストールしたバックアップ対象のサーバーにおいて,Windows Server Backupという機能を有効化しているかどうかです。

これがインストールされてなければ,Replica is inconsistentのエラーが出てしまいますので,確認しましょう。

Add Roles and Featuresのウィザードを走らせてみれば,機能が有効化されているかどうかを確認できます。Windows Server Backup機能の有効化は,再起動不要で行うことができます。

Windows Server Backupという機能が正しくインストールされているか確認する

Windows Server Backupという機能が正しくインストールされているか確認する

2.WinREに問題が生じている

次に確認すべきなのは,WinREの機能に問題が生じていないかどうかです。

バックアップ対象のサーバーにおいて,コマンドプロンプトを管理者で実行し,以下のコマンドを入力します。

reagentc /disable

reagentc /disableというコマンドを叩く

reagentc /disableというコマンドを叩く


Operation Successfulという表示が出たことを確認し,再びDPMのジョブを回してみましょう。

これで,Replica is inconsistentの問題が解消することも多いです。

この場合の原因として考えられるのは,Microsoftも認識しているバグが起因しているようですが,System StateのバックアップはVSSをベースにしており,WinREが走っていることにより,VSSの起動領域を食いつぶしてしまうことがあるようです。

それで,VSSを起動可能にするために,WinREを一度止めてみるという対策です。

もしうまくDPMバックアップが取れるようになったなら,以下のコマンドでWinREを最有効化しておきましょう。

reagentc /enable

以上,DPMで”Replica is inconsistent”というエラーが出てしまう場合の対処法でした。

コメント