PowerShellでOSのバージョンを確認する方法

PowershellでOSのバージョンを確認したい場合があります。

そのような時,Get-WmiObjectコマンドレットを使用すると,簡単にOSのバージョン番号を確認することができます。

PowerShellで自分のマシンのOSバージョン番号を確認する方法


まず,最も簡単な方法は,コマンドプロンプトでverコマンドをタイプする方法です。

コマンドプロンプトでverコマンドを使うとOSのバージョン番号を確認できる。

コマンドプロンプトでverコマンドを使うとOSのバージョン番号を確認できる。



また,PowerShellでは,以下の1行を実行するとバージョン番号を確認できます。

Get-WmiObject Win32_OperatingSystem

以下のような結果が返ってきますので,Versionの値を確認してください。

PS C:\WINDOWS\system32> Get-WmiObject Win32_OperatingSystem

SystemDirectory : C:\WINDOWS\system32
Organization    : DOMAIN
BuildNumber     : 15063
RegisteredUser  : Administrator
SerialNumber    : 00000-00000-00000-AAAAA
Version         : 10.0.15063


リモートコンピューターのOSのバージョン番号を確認したい場合


トラブルシューティングなどで,リモートにあるコンピューターのOSバージョンを確認するためには,以下のようなコマンドを流します。

Get-WmiObject Win32_OperatingSystem -ComputerName computer_name

ちなみに,リモートのマシンに対するアクセス権限が必要ですので,PowerShellを管理者で実行する必要などが生じるかも知れません。


これで,OSのバージョン番号を確認できたのですが,OS名に変換したい場合は,以下の表を参考になさってください。

OSのバージョン番号とOS名の対応表


Operating SystemVersion Number
Windows Server 201610.0.14393
Windows 10 Creators Update10.0.15063
Windows 10 Anniversary Update 10.0.14393
Windows 10 November Update 10.0.10586
Windows 1010.0.10240
Windows 8.1, Update 16.3.9600
Windows Server 2012 R26.3.9600
Windows Server 2012 R26.3.9200
Windows 8.16.3.9200
Windows Server 20126.2.9200
Windows 86.2.9200
Windows Phone 86.2.10211
Windows Home Server 20116.1.8400
Windows 76.1.7601
Windows Server 2008 R2, SP16.1.7601
Windows 7, RTM6.1.7600.16385
Windows Server 2008 R2, RTM6.1.7600.16385
Windows Vista, Service Pack 26.0.6002
Windows Server 20086.0.6001
Windows Vista, RTM6.0.6000.16386
Windows Vista6.0.6000

ビルド番号によって,OSバージョンの末尾の数字には若干の違いがあるかも知れません。

以上,PowerShellでOSのバージョンを確認する方法でした。

これからPowerShellを学ぶ方は,【保存版】PowerShellおすすめ入門書籍3選もご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。