スポンサーリンク

PowerShellでOSのバージョンを確認する方法

スポンサーリンク

PowershellでOSのバージョンを確認したい場合があります。

そのような時,Get-WmiObjectコマンドレットを使用すると,簡単にOSのバージョン番号を確認することができます。

スポンサーリンク

PowerShellで自分のマシンのOSバージョン番号を確認する方法


まず,最も簡単な方法は,コマンドプロンプトでverコマンドをタイプする方法です。

コマンドプロンプトでverコマンドを使うとOSのバージョン番号を確認できる。

コマンドプロンプトでverコマンドを使うとOSのバージョン番号を確認できる。

また,PowerShellでは,以下の1行を実行するとバージョン番号を確認できます。

Get-WmiObject Win32_OperatingSystem

以下のような結果が返ってきますので,Versionの値を確認してください。

PS C:\WINDOWS\system32> Get-WmiObject Win32_OperatingSystem

SystemDirectory : C:\WINDOWS\system32
Organization    : DOMAIN
BuildNumber     : 15063
RegisteredUser  : Administrator
SerialNumber    : 00000-00000-00000-AAAAA
Version         : 10.0.15063

リモートコンピューターのOSのバージョン番号を確認したい場合

トラブルシューティングなどで,リモートにあるコンピューターのOSバージョンを確認するためには,以下のようなコマンドを流します。

Get-WmiObject Win32_OperatingSystem -ComputerName computer_name

ちなみに,リモートのマシンに対するアクセス権限が必要ですので,PowerShellを管理者で実行する必要などが生じるかも知れません。

これで,OSのバージョン番号を確認できたのですが,OS名に変換したい場合は,以下の表を参考になさってください。

OSのバージョン番号とOS名の対応表

Operating System Version Number
Windows Server 2016 10.0.14393
Windows 10 Creators Update 10.0.15063
Windows 10 Anniversary Update 10.0.14393
Windows 10 November Update 10.0.10586
Windows 10 10.0.10240
Windows 8.1, Update 1 6.3.9600
Windows Server 2012 R2 6.3.9600
Windows Server 2012 R2 6.3.9200
Windows 8.1 6.3.9200
Windows Server 2012 6.2.9200
Windows 8 6.2.9200
Windows Phone 8 6.2.10211
Windows Home Server 2011 6.1.8400
Windows 7 6.1.7601
Windows Server 2008 R2, SP1 6.1.7601
Windows 7, RTM 6.1.7600.16385
Windows Server 2008 R2, RTM 6.1.7600.16385
Windows Vista, Service Pack 2 6.0.6002
Windows Server 2008 6.0.6001
Windows Vista, RTM 6.0.6000.16386
Windows Vista 6.0.6000

ビルド番号によって,OSバージョンの末尾の数字には若干の違いがあるかも知れません。

以上,PowerShellでOSのバージョンを確認する方法でした。

これからPowerShellを学ぶ方は,【保存版】PowerShellおすすめ入門書籍3選もご覧ください。

コメント