vCSAでsnmp.get: command not foundというエラーの対処法

vCenter Server Appliance (vCSA)で,GUIからSNMPの設定をしてもデータを取得できない場合があります。

その場合,SSHでvCSAにログインしてSNMPの設定を行う必要があるのですが,例えば,snmp.getコマンドなどを叩いてみても,コマンドが見つからないというエラーが出てしまう場合があります。

snmp.get: command not found
snmp.get: command not foundというエラーが出てしまう。

snmp.get: command not foundというエラーが出てしまう。

この場合,何が間違っているのでしょうか。

vCSAには2種類のShellモードが存在する

現在,vCSAは2種類のShellをバンドルしており,どちらのShellを使っているのかを意識する必要があります。

・BASH Shell
・Appliance Shell

もしかすると,これまではAppliance Shellがデフォルトになっており,そこからBASH Shellに移動するために,Shellとタイプして操作していたかもしれません。

しかし,vCSAをアップグレードしたタイミングなどで,BASH Shellがデフォルトになってしまっている場合があります。

このような場合,ログインしてsnmp.getコマンドなどを走らせてみても,上述のsnmp.get: command not foundなどというエラーが出てしまいます。

では,Appliance Shellにスイッチするためにはどうしたらよいでしょうか。

vCSAでAppliance Shellにスイッチする方法

SSHでvCSAにroot権限でログインし,以下のコマンドを走らせます。

chsh -s /bin/appliancesh root

そして,exitでログアウトしましょう。次回接続時から設定が反映されますので,一度ログアウトするのがポイントです。

すると,見慣れたCommand>というプロンプトが現れますので,この状態でSNMP関連のコマンドなどを流してみましょう。そうすると,期待通りに応答するはずです。

BASH Shellをデフォルトにして操作したい場合には,同様に以下のコマンドで戻すことができます。

chsh -s /bin/bash root

以上,vCSAでcommand not foundというエラーが出てしまう場合には,Appliance Shellにスイッチして操作する必要があるというお話でした。

Amazon売れ筋No.1チェアが4000円引きで2万以下[腰痛対策]

現時点(2020/7/3)で,Amazonのゲーミングチェア売れ筋No.1のチェアが4000円引きで売られています。

ゲーミングと名付けられていますが,要するに長時間座っていても疲れにくいことを目的としたチェアですので,オフィスワーカーにもピッタリかと。

このクオリティで2万を切るというのは,価格崩壊感あり。

しかもオットマン(足置き)付きのモデルなので,少し休憩したい際に,ほぼフラットに倒しつつ足を延ばして仮眠できます。

リモートワーク時代に入って,自宅の貧弱な椅子による腰痛が大きな問題に。

それで,こういうホールド感のある,また腰・首サポートのあるチェアを使って,体への負担を軽減しましょう。腰は一生ものですので,将来を考えると,これで2万は良い投資。

両サイドからの適度な締まりによって,集中力も上がり,一日の生産性が高まる効果も期待できそう。

リモートワーク時代で爆売れ中のようですので,気になる方は早めにポチっておくのが良いかと。今なら翌日届くようです。

VMware
MacRuby

コメント