VMwareでConfiguration Parametersがグレーアウトしている場合の対処法

vSphereでVMの設定を変更しようと思い、Configuration Parametersをクリックしようとした際、グレーアウトしてしまって、設定を変更できない場合があります。

Windows版のvSphere Clientでも、Web vSphere Clientでも、Configuration Parametersを編集することができません。

vSphere Clientで見ると、configuration parametersがグレーアウトされてしまっている

vSphere Clientで見ると、configuration parametersがグレーアウトされてしまっている

そのような時には、以下の項目を確認すると、変更できるようになります。

1.VMがパワーオフされているかどうか確認する


まずは、VMが正常にパワーオフされているかどうかを確認しましょう。

仮想マシンの電源が入った状態では、.vmxファイルを編集することができませんので、シャットダウンされているかどうかをまず確認する必要があります。

2.VMに対する権限が足りているかどうか確認する

場合によっては、自分に権限が与えられていないディレクトリに存在するVMを編集しようとしている場合があります。

そのような場合には、仮想マシンに対するフル権限を持っているディレクトリにVMを移動させて再度試してみましょう。

これで、Configuration Parametersを編集することができるようになるかもしれません。

3.WindowsのvSphere Clientを使っている場合は,vSphere Web Clientで試してみる

正しく権限を設定しても、Windows版のvSphere Clientの場合、反映が遅いことがあります。

vSphere Web Clientは、直ちに権限が反映されるように思いますので、そちらで試してみましょう。

WindowsのvSphere Clientでも,一度アプリケーションを立ち上げ直すと,権限が反映されて,編集できるようになる場合があります。

以上、VMwareでConfiguration Parametersがグレーアウトしている場合の対処法でした。

ご質問がある場合には、ぜひコメント欄にどうぞ。

Amazon売れ筋No.1チェアが4000円引きで2万以下[腰痛対策]

現時点(2020/7/3)で,Amazonのゲーミングチェア売れ筋No.1のチェアが4000円引きで売られています。

ゲーミングと名付けられていますが,要するに長時間座っていても疲れにくいことを目的としたチェアですので,オフィスワーカーにもピッタリかと。

このクオリティで2万を切るというのは,価格崩壊感あり。

しかもオットマン(足置き)付きのモデルなので,少し休憩したい際に,ほぼフラットに倒しつつ足を延ばして仮眠できます。

リモートワーク時代に入って,自宅の貧弱な椅子による腰痛が大きな問題に。

それで,こういうホールド感のある,また腰・首サポートのあるチェアを使って,体への負担を軽減しましょう。腰は一生ものですので,将来を考えると,これで2万は良い投資。

両サイドからの適度な締まりによって,集中力も上がり,一日の生産性が高まる効果も期待できそう。

リモートワーク時代で爆売れ中のようですので,気になる方は早めにポチっておくのが良いかと。今なら翌日届くようです。

VMware
MacRuby

コメント

  1. […] arametersをクリックしようとした際、グレーアウトしてしまって、設定を変更できない場合があります。 [紹介元] VMwareでConfiguration Parametersがグレーアウトしている場合の対処法 | MacRuby […]