vim.fault.GenericVmConfigFaultというエラーでスナップショットを削除できない場合の対処法

vCenter 6.5もしくはそれ以降のバージョンにおいて,スナップショットを削除しようとすると,以下のようなエラーが出て,削除できない場合があります。

vim.fault.GenericVmConfigFaultというエラーが出てスナップショットを削除できない

vim.fault.GenericVmConfigFaultというエラーが出てスナップショットを削除できない

A general system error occurred: vim.fault.GenericVmConfigFault

スナップショットを保持したままVMを稼働させ続けると,差分ファイルが肥大化し,パフォーマンスに重大な影響を及ぼします。

ではこの場合,どうやってスナップショットを削除することができるのでしょうか。

VMの構成ファイルがストアされているボリュームを操作する

まずは,VMがストアされているボリュームを選択し,Action -> Browse Filesと遷移します。

そして,VM名が付いたフォルダを選択すると,中に様々な構成ファイルなどがストアされていることを確認できます。

そこに,Tempという名前の新規フォルダを作成します。

そして,.vmsdと.vmsnという拡張子が付いたファイルをすべてTempフォルダに移動させましょう。

その後,再びスナップショットの削除を試みてみてください。

その場合,一つのスナップショットファイルだけを削除しようとするとエラーが起きるかもしれませんので,Delete Allですべてのスナップショットを一度に削除してみてください。

これで,先ほどまで削除することができなかったスナップショットを削除することができました。

vim.fault.GenericVmConfigFaultのエラー原因は?

vim.fault.GenericVmConfigFaultのエラーが出てしまう原因の一つとしては,Veeamのバックアップを使用している場合です。

特に,Veeamのレプリケーション機能を使っている最中に,Veeamサーバー側でサービスが強制終了したりした場合,VMのスナップショットファイルがロックされたままになってしまうことがあります。

それで,いつまでたってもスナップショットのファイルが解放されず,削除できないという症状に繋がります。

以上,vim.fault.GenericVmConfigFaultというエラーが出てスナップショットを削除できない場合の対処法でした。

Amazon売れ筋No.1チェアが4000円引きで2万以下[腰痛対策]

現時点(2020/7/3)で,Amazonのゲーミングチェア売れ筋No.1のチェアが4000円引きで売られています。

ゲーミングと名付けられていますが,要するに長時間座っていても疲れにくいことを目的としたチェアですので,オフィスワーカーにもピッタリかと。

このクオリティで2万を切るというのは,価格崩壊感あり。

しかもオットマン(足置き)付きのモデルなので,少し休憩したい際に,ほぼフラットに倒しつつ足を延ばして仮眠できます。

リモートワーク時代に入って,自宅の貧弱な椅子による腰痛が大きな問題に。

それで,こういうホールド感のある,また腰・首サポートのあるチェアを使って,体への負担を軽減しましょう。腰は一生ものですので,将来を考えると,これで2万は良い投資。

両サイドからの適度な締まりによって,集中力も上がり,一日の生産性が高まる効果も期待できそう。

リモートワーク時代で爆売れ中のようですので,気になる方は早めにポチっておくのが良いかと。今なら翌日届くようです。

Veeam VMware
MacRuby

コメント

  1. VMware 仮想マシンの消せなくなった数珠つなぎスナップショットの除去と修復 – Fun Scripting 2.0 より:

    […] […]