「参照しているAMP URLはAMPではありません」の対処法

Googleから以下のような警告メールが届くことがあります。

Search Console により、貴サイトに影響する「AMP」関連の問題が 1 件検出されました。

Search Console により、貴サイトに影響する「AMP」関連の問題が 1 件検出されました。

AMP https://macruby.info/で問題が検出されました
https://macruby.info/ の所有者様
Search Console により、貴サイトに影響する「AMP」関連の問題が 1 件検出されました。
主なエラー
エラーにより、貴サイトのページまたは機能が検索結果に表示されなくなる可能性があります。貴サイトでは、以下のエラーが検出されました。
参照している AMP URL は AMP ではありません
上記の問題をできる限り解決されることをおすすめいたします。こうした問題を解消することで、サイトのエクスペリエンスや Google 検索結果での表示を最適化できます。

何やら,モバイル対応させているAMPページにおいて問題が検出されたとのことです。

では,どのように対応したらよいのでしょうか。

エラー内容の詳細

Googleのページにアクセスすると,問題として以下のようなことが報告されています。

参照しているAMP URLはAMPではありません

参照しているAMP URLはAMPではありません

有効な AMP ページではありません
無効な AMP ページは、Google 検索結果に AMP 固有の機能が表示されません
インデックスへの登録エラー
参照している AMP URL は AMP ではありません

どうやら,AMPページとして作成しているページが,AMPに対応していないということで怒られているようです。それで,インデックスに登録されなかったというメッセージです。

参照している AMP URL は AMP ではありません

現時点では,サイトのテーマとしてCocoonを使用しているのですが,そのCocoonのAMP生成機能に問題が生じているということなのでしょうか。

特に自分でカスタマイズしたわけでもないので,手の打ちようがなくて路頭に迷ってしまいます。

でも実はこのエラーは,Google側の問題である場合があります。再度クロールした際に問題が自動的に解消することもあるので,1週間程度は様子を見てみるのが良いかもしれません。

そのほかに,自分でプラグインなどを導入した心当たりがあるようであれば,それらを無効にすることが必要になるかもしれません。

私の場合は,W3 Total Cacheプラグインをインストールして試した直後にこのエラーが出始めたような気がしています。

正確に言うと,W3 Total CacheがKUSANAGI環境で効果を発揮しなかったので,プラグインを削除したあたりからこのエラーが起こり始めました。

ですので,AMP系のキャッシュを一旦クリアしたりして,引き続き様子を見てみるのが良いと思います。

現時点で,問題として報告されていたページの一部が,健全な状態に戻っていることを確認できています。すべてのページではないため,少し時間がかかるのかもしれません。

有効な AMP ページです

有効な AMP ページです

それで,AMPのエラーが発生しているものの,特に原因となる心あたりが無い場合には,しばらく様子を見てみることで解消する場合があるということを知っておくと良いと思います。

以上,AMPの同様のエラーが生じている方のご参考になれば幸いです。

Amazon売れ筋No.1チェアが4000円引きで2万以下[腰痛対策]

現時点(2020/7/3)で,Amazonのゲーミングチェア売れ筋No.1のチェアが4000円引きで売られています。

ゲーミングと名付けられていますが,要するに長時間座っていても疲れにくいことを目的としたチェアですので,オフィスワーカーにもピッタリかと。

このクオリティで2万を切るというのは,価格崩壊感あり。

しかもオットマン(足置き)付きのモデルなので,少し休憩したい際に,ほぼフラットに倒しつつ足を延ばして仮眠できます。

リモートワーク時代に入って,自宅の貧弱な椅子による腰痛が大きな問題に。

それで,こういうホールド感のある,また腰・首サポートのあるチェアを使って,体への負担を軽減しましょう。腰は一生ものですので,将来を考えると,これで2万は良い投資。

両サイドからの適度な締まりによって,集中力も上がり,一日の生産性が高まる効果も期待できそう。

リモートワーク時代で爆売れ中のようですので,気になる方は早めにポチっておくのが良いかと。今なら翌日届くようです。

Wordpress
MacRuby

コメント