Windows 10で「更新してシャットダウン」が消えない時の対処法

Windows 10を利用していると,シャットダウンしようとした際に,下図のような,「更新して再起動」「更新してシャットダウン」という表示が消えない場合があります。

更新してシャットダウンの表示が消えない

更新してシャットダウンの表示が消えない


Windows Updateが最近当たったのだろうと思い,更新してシャットダウンするものの,次の起動時には再び,「更新して再起動」「更新してシャットダウン」の表示が出てしまいます。

何度再起動しても,この表示が消えません。

これは,Windows Updateが当たった後,更新が必要というフラグが何らかの原因で消えないことにより生じる不具合です。
続きを読む

エラー「Your device is at risk because it’s out of date and missing important security and quality updates.」の解消法

Windows 10 Creators Updateなどにおいて,以下のようなセキュリティアラートが出て消えない場合があります。

Update Status
Your device is at risk because it's out of date and missing important security and quality updates. Let's get you back on track so Windows can run more securely. Select this button to get going:
Your device is at risk because it's out of date and missing important security and quality updates

Your device is at risk because it’s out of date and missing important security and quality updates


しかし,Check for updatesボタンをクリックしても,特に解決にはつながらない場合があります。
続きを読む

Software Centerで強制的にアップデートを取得する方法

System Center Configuration Manager(SCCM)を使っている環境で,新規VMをデプロイした際などに,Software CenterからすぐにWindows Updateを当てたいと思う場合があります。

しかし,一日ほど待たなければ,Software Centerにアップデートが現れないことがあるので,何とかして,強制的にアップデートを取得する方法がないか,気になるところです。

そのようなときには,コントロールパネルのConfiguration Managerから,Machine Policy Retrieval & Evaluation Cycleを探し,Run Nowボタンをクリックしましょう。

Machine Policy Retrieval & Evaluation CycleをRun Nowする。

Machine Policy Retrieval & Evaluation CycleをRun Nowする。




そうすると,下記のようなポップアップが現れます。
続きを読む

Windows Updateのインストールをコマンドで実行する方法

Windows Serverにおいて、再起動を伴うWindows Updateのインストールを、コマンドから実行したい場合があります。

例えば、タスクスケジューラで深夜に再起動を予定している場合、依存関係のあるWindows Updateの存在がすでに分かっており、2回再起動しなければならない場合があります。

そのような際に、Windows Updateのインストールトリガーも、コマンドで起動させることができれば、タスクスケジューラでサーバーメンテナンスを完結させることができるからです。

では、Windows Updateのトリガーをコマンドで起動させる方法を考えてみます。
続きを読む