Software Centerで強制的にアップデートを取得する方法

System Center Configuration Manager(SCCM)を使っている環境で,新規VMをデプロイした際などに,Software CenterからすぐにWindows Updateを当てたいと思う場合があります。

しかし,一日ほど待たなければ,Software Centerにアップデートが現れないことがあるので,何とかして,強制的にアップデートを取得する方法がないか,気になるところです。

そのようなときには,コントロールパネルのConfiguration Managerから,Machine Policy Retrieval & Evaluation Cycleを探し,Run Nowボタンをクリックしましょう。

Machine Policy Retrieval & Evaluation CycleをRun Nowする。

Machine Policy Retrieval & Evaluation CycleをRun Nowする。




そうすると,下記のようなポップアップが現れます。
続きを読む

Windows Updateのインストールをコマンドで実行する方法

Windows Serverにおいて、再起動を伴うWindows Updateのインストールを、コマンドから実行したい場合があります。

例えば、タスクスケジューラで深夜に再起動を予定している場合、依存関係のあるWindows Updateの存在がすでに分かっており、2回再起動しなければならない場合があります。

そのような際に、Windows Updateのインストールトリガーも、コマンドで起動させることができれば、タスクスケジューラでサーバーメンテナンスを完結させることができるからです。

では、Windows Updateのトリガーをコマンドで起動させる方法を考えてみます。


1.Windows Updateのインストールをコマンドで実行


結論から言うと、Windows Updateのインストールをコマンドで実行することはできません

少なくとも私が調べた限りは、です。

もちろん、一つ一つのWindows Updateファイルをコマンドから実行することはできますが、一括でインストールする方法は見つかりませんでした。


2.コントロールパネルからWindows Updateの設定を行う


コマンドから実行することはあきらめて、コントロールパネルから設定する方法を考えます。

【コントロールパネル】>【Windows Update】>【設定の変更】を開きます。

そして、【更新プログラムを自動的にインストールする】を選択し、インストール日時を指定します。

Windows Updateをコマンドからインストールする方法


同時に、再起動のタスクをタスクスケジューラで設定しておけば、サーバーメンテナンスを深夜に完了させることができます。

こうして、Windows Updateを指定した日時にインストールさせることができました。

マイクロソフト Surface Pro 256GB [Windowsタブレット・Office付き] H5W-00001
マイクロソフト Surface Pro 256GB [Windowsタブレット・Office付き] H5W-00001