Windows 10で「更新してシャットダウン」が消えない時の対処法

Windows 10を利用していると,シャットダウンしようとした際に,下図のような,「更新して再起動」「更新してシャットダウン」という表示が消えない場合があります。

更新してシャットダウンの表示が消えない

更新してシャットダウンの表示が消えない


Windows Updateが最近当たったのだろうと思い,更新してシャットダウンするものの,次の起動時には再び,「更新して再起動」「更新してシャットダウン」の表示が出てしまいます。

何度再起動しても,この表示が消えません。

これは,Windows Updateが当たった後,更新が必要というフラグが何らかの原因で消えないことにより生じる不具合です。

Windows Updateのサービスを再起動する


そのような場合には,Windows Updateがバグっている可能性が高いですので,以下の手順でサービスを再起動してください。

まず,コマンドプロンプトを管理者で実行します。

そして,以下の行をすべてコピーして貼り付けます。

net stop wuauserv 
net stop cryptSvc 
net stop bits 
net stop msiserver 
Ren C:\Windows\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.old 
Ren C:\Windows\System32\catroot2 Catroot2.old 
net start wuauserv 
net start cryptSvc 
net start bits 
net start msiserver 

その後,「設定」を開き,「Windows Update」から,「更新プログラムのチェック」をクリックします。
Windows Updateから,更新プログラムのチェックを行う

Windows Updateから,更新プログラムのチェックを行う


チェックが終わるのをしばらく待つと,「更新して再起動」「更新してシャットダウン」の表示が消えていると思います。

以上,Windows Updateを行っても,「更新して再起動」「更新してシャットダウン」という表示が消えない場合の対処法でした。

Windows 10で「更新してシャットダウン」が消えない時の対処法” への2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。