拡張子.AVHDXは何の略?

Hyper-V環境で.AVHDXという拡張子のファイルを見ることがあります。

VHDXファイルと同じディレクトリに存在するので,AVHDXとVHDXに関連性があることはすぐに分かります。

このAVHDXファイルは,VMのチェックポイントを取った後に生成される増分ファイルです。

ですので,時間が経過して変化量が増えるにつれ,AVHDXファイルも肥大化していきます。

時として,この肥大化したAVHDXによってボリュームの使用率が100%になってしまい,Hyper-Vが停止してしまうこともあります。ですので,必要な作業が終わったなら,チェックポイントはすぐに削除するのがベストプラクティスです。


AVHDXのAって何の略?


AVHDXのAとは,Automatic VHDXの略です。

何がAutomaticなのかというと,Hyper-Vが自動で管理しているという意味で,Automaticです。ですのでこのファイルをユーザーが触って操作することはありません。

VHD時代にもAVHDという拡張子で増分ファイルが作られていましたので,VHDXフォーマットにおいても,AVHDXという拡張子になっているというわけです。

ちなみに,VHDはVirtual Hard Diskの略なのですが,Windows Server 2012以降に採用されているVHDXの末尾のXが何の略なのかについては,Microsoftの公式にも明言されていません。


結論ですが,AVHDXという拡張子は,Automatic Virtual Hard Disk Xの略ということでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。