エラー「Hyper-V is not in a state to accept replication on the Replica server」の対処法

Hyper-V Replicaを利用してバックアップを取っている環境の場合,ホストの再起動などのタイミングで,Hyper-V Replicationに不具合が生じる場合があります。

これを解消するためには,一度Hyper-V Replicaを削除して,再構成するのが手っ取り早いのですが,Hyper-V Replicaを削除した後に再有効化しようとすると,次のようなエラーが出て失敗する場合があります。

Hyper-V is not in a state to accept replication on the Replica server

Hyper-V is not in a state to accept replication on the Replica server

Enabling replication failed.
Hyper-V failed to enable replication.
Hyper-V is not in a state to accept replication on the Replica server for virtual machine ‘servername’.

このような場合に,どのような対処法があるでしょうか。

以前のHyper-V Replicaを削除する必要がある

上記のエラーが出る場合,これまで存在していたHyper-V Replicaを削除してやる必要があります。

まずは,バックアップ元のVMから,Hyper-V Replicationの設定を削除します。

Hyper-V ManagerからVMを右クリックし,Replication -> Remove Replicationです。

Hyper-V Replicaの設定を削除する

Hyper-V Replicaの設定を削除する

しかし,これだけでは先ほどのエラーは解消しません。

次に,バックアップターゲットのホストにおいても同様にHyper-V Replicationの設定を削除する必要があります。Power-Off状態になっているVMを右クリックし,Replication -> Remove Replicationで削除します。

さらに,Power-Off状態のバックアップVM自体も削除する必要があります。VMを右クリックし,Deleteしましょう。

Replica VMも削除する必要がある

Replica VMも削除する必要がある

これで,再びHyper-V Replicaの設定を行うと,正しくHyper-V Replicationを構成することが出来るようになったと思います。

それでもエラーが出る場合には,バックアップホスト側のVMのフォルダが削除できていない可能性がありますので,そこもチェックしてみてください。

 

以上,Hyper-V Replicaを構成する際に,「Hyper-V is not in a state to accept replication on the Replica server for virtual machine ‘servername’.」というエラーが出てしまう場合の対処法でした。

Amazon売れ筋No.1チェアが4000円引きで2万以下[腰痛対策]

現時点(2020/7/3)で,Amazonのゲーミングチェア売れ筋No.1のチェアが4000円引きで売られています。

ゲーミングと名付けられていますが,要するに長時間座っていても疲れにくいことを目的としたチェアですので,オフィスワーカーにもピッタリかと。

このクオリティで2万を切るというのは,価格崩壊感あり。

しかもオットマン(足置き)付きのモデルなので,少し休憩したい際に,ほぼフラットに倒しつつ足を延ばして仮眠できます。

リモートワーク時代に入って,自宅の貧弱な椅子による腰痛が大きな問題に。

それで,こういうホールド感のある,また腰・首サポートのあるチェアを使って,体への負担を軽減しましょう。腰は一生ものですので,将来を考えると,これで2万は良い投資。

両サイドからの適度な締まりによって,集中力も上がり,一日の生産性が高まる効果も期待できそう。

リモートワーク時代で爆売れ中のようですので,気になる方は早めにポチっておくのが良いかと。今なら翌日届くようです。

Hyper-V
MacRuby

コメント