スポンサーリンク

エラー「Hyper-V is not in a state to accept replication on the Replica server」の対処法

スポンサーリンク

Hyper-V Replicaを利用してバックアップを取っている環境の場合,ホストの再起動などのタイミングで,Hyper-V Replicationに不具合が生じる場合があります。

これを解消するためには,一度Hyper-V Replicaを削除して,再構成するのが手っ取り早いのですが,Hyper-V Replicaを削除した後に再有効化しようとすると,次のようなエラーが出て失敗する場合があります。

Hyper-V is not in a state to accept replication on the Replica server

Hyper-V is not in a state to accept replication on the Replica server

Enabling replication failed.
Hyper-V failed to enable replication.
Hyper-V is not in a state to accept replication on the Replica server for virtual machine ‘servername’.

このような場合に,どのような対処法があるでしょうか。

スポンサーリンク

以前のHyper-V Replicaを削除する必要がある

上記のエラーが出る場合,これまで存在していたHyper-V Replicaを削除してやる必要があります。

まずは,バックアップ元のVMから,Hyper-V Replicationの設定を削除します。

Hyper-V ManagerからVMを右クリックし,Replication -> Remove Replicationです。

Hyper-V Replicaの設定を削除する

Hyper-V Replicaの設定を削除する

しかし,これだけでは先ほどのエラーは解消しません。

次に,バックアップターゲットのホストにおいても同様にHyper-V Replicationの設定を削除する必要があります。Power-Off状態になっているVMを右クリックし,Replication -> Remove Replicationで削除します。

さらに,Power-Off状態のバックアップVM自体も削除する必要があります。VMを右クリックし,Deleteしましょう。

Replica VMも削除する必要がある

Replica VMも削除する必要がある

これで,再びHyper-V Replicaの設定を行うと,正しくHyper-V Replicationを構成することが出来るようになったと思います。

それでもエラーが出る場合には,バックアップホスト側のVMのフォルダが削除できていない可能性がありますので,そこもチェックしてみてください。

 

以上,Hyper-V Replicaを構成する際に,「Hyper-V is not in a state to accept replication on the Replica server for virtual machine ‘servername’.」というエラーが出てしまう場合の対処法でした。

コメント