Cluster Shared Volumes (CSV)でボリュームを拡張する方法

Hyper-V環境において,Cluster Shared Volumes (CSV)を利用している場合,時おりボリューム(LUN)を拡張する必要が生じるかもしれません。

クラスター環境ではないスタンドアロンの場合には,物理ディスクを拡張した後に,Windows OS上のDisk Managementからボリュームを拡張すればよいでしょう。

しかし,HA環境でCSVを利用している場合には,通常のボリューム拡張とは手順が少し異なります。

1.LUNを拡張する


どのベンダーのストレージを利用しているかにもよりますが,必要なツールを用いて,まずはLUNを拡張します。

基本的な手順は以下の通りです。

1.Webブラウザーや専用アプリケーションを用いて,ストレージの管理コンソールにアクセスする。
2.ディスクプールにアクセス
3.該当するプールを必要に応じて拡張

LUNを拡張すると,縮小するには手間がかかる場合が多いですので,必要なサイズだけを少しずつ割り当てるようにしましょう。

2.現在のCSVのオーナーを特定する


複数台のHyper-Vホストを構成している場合でも,その中の1つのホストがCVSのオーナーになっています。

どのホストがCSVのオーナーなのかを確認するためには,Failover Cluster Managerを使いOwner Nodeを確認します。

1.Start -> Administrative Tools -> Failover Cluster Manager
2.Storage -> Disk / Pool

Failover Cluster ManagerからOwner Nodeを確認する

Failover Cluster ManagerからOwner Nodeを確認する



3.Owner NodeにRDPでログインする


上記で特定したCSVのOwner NodeであるサーバーにRDPでログインしてください。

ここが勘違いしてしまいやすいポイントなのですが,すべてのHyper-VホストからCSVボリュームは参照できるものの,ボリュームの拡張はオーナーであるサーバーから行う必要があります。

4.Disk Managementからボリュームを拡張する


あとは,OS上からボリュームを拡張してやります。

スタートボタンを右クリックし,Disk Managementをクリックします。

CSVのディスクプールを右クリックしてExtend Volumeからウィーザードを進めることで,拡張することができます。

Diskpartコマンドを使って拡張することも可能です。

1.管理者権限のコマンドプロンプトから,diskpart 
2.rescan 
3.list volume 
4.select volume (上記で確認したボリューム番号) 
5.extend


以上,Hyper-Vのクラスター環境でCluster Shared Volumes (CSV)を用いている場合のボリューム拡張方法でした。

Cluster Shared Volumes (CSV)でボリュームを拡張する方法” への1件のコメント

  1. ピンバック: Event ID 16060 Hyper-V-VMMSエラーの対処法 | MacRuby

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。