ERR_CONNECTION_RESETというエラーがChromeで出る場合の対処法

特定のウェブサイトを訪れようとした際に,アクセスがブロックされて,ERR_CONNECTION_RESETというエラーが表示される場合があります。

Chromeでのエラー画面は以下の通りです。

ChromeにおいてERR_CONNECTION_RESETエラーでアクセスできない

ChromeにおいてERR_CONNECTION_RESETエラーでアクセスできない

このサイトにアクセスできません
接続がリセットされました
次をお試しください:
・接続を確認する
・プロキシとファイアウォールを確認する
・Windowsネットワーク診断ツールを実行する

ERR_CONNECTION_RESET

インターネット接続を確認してください
ケーブルを確認し,使用しているネットワークデバイス(ルーター,モデムなど)を再起動してください。

ファイアウォールやウイルス対策の設定で,Chromeからネットワークへのアクセスを許可します。
ネットワークへのアクセスを許可されたプログラムとして既に表示されている場合は,いったんリストから削除し,もう一度追加してみてください。

プロキシサーバーを使用している場合...
プロキシの設定を確認するか,ネットワーク管理者に問い合わせて,プロキシサーバーが正常に動作しているかを確認してください。プロキシサーバーを使用していない場合は次の方法をお試しください。このオプションを無効にするには:Chromeメニュー>設定>詳細設定を表示...>プロキシ設定の変更...>[LANの設定]の順に移動して,[LANにプロキシサーバーを使用する]チェックボックスをオフにします。

ソケットのカタログをリセットする

まずは,管理者権限でコマンドプロンプトを立ち上げ,以下のコマンドを実行します。

netsh winsock reset catalog

マシンを再起動して,再び該当のウェブサイトにアクセスしてみてください。

アンチウイルスソフトを切ってみる

アンチウイルスソフトがウェブサイトをブロックしていることも原因として多くあります。

一度,アンチウイルスソフトを終了してみて,ウェブサイトへの接続が可能になるかどうかを試してみましょう。

社内のFirewallによってブロックされている

もしも会社のPCなどでこの症状が起きているのであれば,ファイアウォールによってブロックされている可能性が高いです。

UTM(統合脅威管理)などがURLをフィルタリングしていることも考えられます。

そのURLにアクセスする必然性がないのであれば,このフィルタリングを解除することは難しいでしょう。

また,UTMのフィルタリングでは,ウェブサイト自体に脅威がなかったとしても,サイト開設からの日数が浅いことなどにより,ブロックされる場合もあります。

この場合にも,あきらめるか,システム管理者に例外ルールで許可設定を追加してもらうかの2択になるでしょう。

以上,ERR_CONNECTION_RESETというエラーがChromeで出る場合の対処法でした。

Amazon売れ筋No.1チェアが4000円引きで2万以下[腰痛対策]

現時点(2020/7/3)で,Amazonのゲーミングチェア売れ筋No.1のチェアが4000円引きで売られています。

ゲーミングと名付けられていますが,要するに長時間座っていても疲れにくいことを目的としたチェアですので,オフィスワーカーにもピッタリかと。

このクオリティで2万を切るというのは,価格崩壊感あり。

しかもオットマン(足置き)付きのモデルなので,少し休憩したい際に,ほぼフラットに倒しつつ足を延ばして仮眠できます。

リモートワーク時代に入って,自宅の貧弱な椅子による腰痛が大きな問題に。

それで,こういうホールド感のある,また腰・首サポートのあるチェアを使って,体への負担を軽減しましょう。腰は一生ものですので,将来を考えると,これで2万は良い投資。

両サイドからの適度な締まりによって,集中力も上がり,一日の生産性が高まる効果も期待できそう。

リモートワーク時代で爆売れ中のようですので,気になる方は早めにポチっておくのが良いかと。今なら翌日届くようです。

Internet
MacRuby

コメント