非正規店で修理したiPhoneのバッテリーをAppleで交換してもらう方法

iPhone 6以降を使っておられる方は,Appleのバッテリー交換プログラムについてご存知かもしれません。

AppleCare+ の保証対象になっていれば無料で,そうでない場合には3200円で交換してもらえるという内容です。

通常であれば8800円かかるのですが,昨年末に世界的に問題となった,iPhoneの古い端末を意図的に速度低下させているということが明るみになったことへの対応策として,Appleが打ち出してきた,いわゆる「火消し」です。

2018年12月末までのプログラムとなっていますので,該当する方はなるべく早く申し込んでおくのがよいでしょう。

そこで不安になってくるのは,非正規店で過去に修理を行ったことがある端末も,このプログラムの対象になるのかどうか,ということです。

実際に修理に出してみた


以前,iPhoneの画面が割れたため,街のiPhone修理店(非正規店)で画面を格安で修理したことがあります。

その際,純正の液晶パネルではなく,3000円ほど安い非純正パネルを選択したため,もしかするとAppleのサポート対象から外れてしまっているのではないかという不安がありました。

しかし,幾つかの基本的なパーツに限っては,非正規店で修理していたとしても,Appleのサポート対象に含まれる場合があります。ディスプレイも,非正規店で修理していたとしても,Appleのサポートを受けられる可能性が高いです。

とはいえ,正規の修理に支障をきたすような改造がなされている場合にはもちろん適用されません。(例えば,ディスプレイを接着剤で固定しているなど)

そこで,修理を申し込んでみたところ,問題なくバッテリーを交換してもらうことができました。
非正規店で修理したiPhoneでもバッテリー交換してもらえる

非正規店で修理したiPhoneでもバッテリー交換してもらえる


ただし,バッテリーが非純正品だった場合には,今回のAppleでのバッテリー交換プログラムの対象にはなりませんので,中古でiPhoneを購入した場合などには注意しましょう。

街の修理店で画面を交換したときなどに,純正のバッテリーがついているかどうかを確認してもらうのも良いと思います。
純正品のバッテリーにはAppleのリンゴマークが入っています。


正規の液晶パネルでも割れている場合はバッテリー交換プログラムの対象にならない


ひとつ注意したいのが,正規品のパネルであっても,画面にヒビが少しでも入っていると,修理してもらえない可能性が高いです。

なぜなら,パネルを開ける際に画面が破損してしまうリスクがあるからです。その場合には,画面修理の追加料金を払うか,そのまま返送してもらうかを選ぶことになるでしょう。

リスク覚悟で修理してほしいなどという選択肢は存在しません。そのあたりはグローバル企業の当然の対応といったところでしょう。

ですので,不具合のある個所をサービスで直してもらえるかもしれない,といった期待は持たない方がよいです。

膨大な数の修理を日々扱っているはずですので,個別の例外対応には応じないルールになっているのだと考えられます。最悪,訴訟問題になりますからね。


まとめ


非正規品のパネルであっても,割れなどがない限りは,バッテリー交換してもらえる可能性が高いでしょう。

現在ついているバッテリーがApple正規品である限り,端末を中古で買っていたとしても問題ありません。


以上,iPhoneのバッテリー交換プログラムについて迷っておられる方の参考になればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。