RDS上のPDF-XChangeを使うとマウスカーソルが消えてしまう場合の対処法

フリーで多機能なPDF-XChange Viewerですが,使っておられる方も多くおられるでしょうか。

もちろんこのソフトに限らずなのですが,リモートデスクトップサーバー(RDS)上で使用している際,マウスカーソルが消えてしまうというバグに気づくことがあります。

どんな場合にマウスカーソルが消えてしまうか

どんな時にマウスカーソルが消えてしまうかというと,通常のマウスのカーソル形状ではない場合です。

つまり,ソフトウェア固有のカーソル形状になった場合に,カーソルが消えてしまいます。

例えば,下図のようなカーソルです。

Windows のデフォルトのカーソルではないカーソル形状の時に消えてしまう

Windows のデフォルトのカーソルではないカーソル形状の時に消えてしまう


実は,このRDSでカーソル情報を転送する仕組みというのは少し複雑なことを行っています。

もし,リモート上にあるマウスの描画をそのままRDS越しに転送してしまうとすると,マウスを動かすたびに,多くのトラフィックが流れてしまうことになるため,マウスの座標情報と,カーソルの形状の情報をRDSからクライアントに対して渡しています。

しかし,アプリケーションが固有のカーソル形状を利用しようと思った時に,そのカーソルの情報をうまくクライアントに渡すことができずカーソルが消えてしまうという症状につながります。

ではRDSで特定のアプリのカーソルが消える場合にはどうすればよいか

まずは,同様の環境で他のサーバーでも起こるのかどうかを確認してみましょう。

正常に動いているRDSがあるなら,インストールされているアプリケーションのバージョンも比較して確認してみます。

インストール日にも注目しましょう。なぜなら,複数のサーバーを管理している場合,一斉にソフトウェアのアップデートがかかり,同時に不具合が発生することもあるからです。

それで,他のサーバーで起こっていたとしても,仕様としてあきらめる必要はありません。

その後,ソフトウェアの修復を試みてみましょう。

プログラムと機能から,修復を選択します。OSとソフトウェアの関連付けの部分で不具合が起きている場合もありますので,この方法は有効です。

再起動不要で問題が解消する場合もありますが,解消しない場合には,サーバーを再起動してみましょう。

以上,RDS上のPDF-XChangeでマウスカーソルが消えてしまった場合の一つの対処法でした。

Amazon売れ筋No.1チェアが4000円引きで2万以下[腰痛対策]

現時点(2020/7/3)で,Amazonのゲーミングチェア売れ筋No.1のチェアが4000円引きで売られています。

ゲーミングと名付けられていますが,要するに長時間座っていても疲れにくいことを目的としたチェアですので,オフィスワーカーにもピッタリかと。

このクオリティで2万を切るというのは,価格崩壊感あり。

しかもオットマン(足置き)付きのモデルなので,少し休憩したい際に,ほぼフラットに倒しつつ足を延ばして仮眠できます。

リモートワーク時代に入って,自宅の貧弱な椅子による腰痛が大きな問題に。

それで,こういうホールド感のある,また腰・首サポートのあるチェアを使って,体への負担を軽減しましょう。腰は一生ものですので,将来を考えると,これで2万は良い投資。

両サイドからの適度な締まりによって,集中力も上がり,一日の生産性が高まる効果も期待できそう。

リモートワーク時代で爆売れ中のようですので,気になる方は早めにポチっておくのが良いかと。今なら翌日届くようです。

RDS
MacRuby

コメント