RDSのStartupフォルダの場所

RDSサーバーにログオンした際に,不要なアプリケーションが自動で立ち上がってくるのが煩わしいという事があるかもしれません。

そのような場合には,Startupのフォルダ内に入っているアプリケーションのショートカットを削除すればよいでしょう。

とはいえ,いつもこのStartupフォルダのパスを忘れてしまうので,メモしておきたいと思います。

ちなみに,RDSで困ることが多いので「RDS」とタイトルしましたが,Windows 10でもWindows Server 2012 R2でも,Startupフォルダのパスは同じです。

Startupフォルダの場所

まず,Startupフォルダの場所は,現在のユーザープロファイルにだけ適用させるものと,全ログオンユーザーに対して適用させる2種類があります。

■現在のユーザー(Current Users)に適用させるStartupフォルダの場所

C:\Users\Username\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

■全てのユーザー(All Users)に適用させるStartupフォルダの場所

C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\StartUp

ProgramDataは隠しフォルダですので,直にパスを指定してやるか,隠しフォルダを表示させる設定にしましょう。

Startupフォルダの場所をかっこよく立ち上げる方法

ちなみに,上記のパスが覚えにくい理由の一つとして,パスの中に,RoamingとかWindowsとかMicrosoftとかStart Menuとかの名前が含まれていて,「どっちだったかな」と迷いがちだからなのではないかと思います。

それで,ショートカットを覚えておく方が忘れにくいかもしれません。

それに,ショートカットでパスまでたどり着いたほうが,かっこいい気もします。

■現在のユーザー(Current Users)に適用させるStartupフォルダの場所をショートカットで開く

Windowsキー+Rで,Runウィンドウを立ち上げ,shell:startupと叩きます。

Runからshell:startupと叩く

Runからshell:startupと叩く


■全てのユーザー(All Users)に適用させるStartupフォルダの場所をショートカットで開く

Windowsキー+Rで,Runウィンドウを立ち上げ,shell:common startupと叩きます。

Runからshell:common startupと叩く

Runからshell:common startupと叩く


以上,RDSなどで不要なアプリケーションが自動起動するのを防ぐときに使う,Startupフォルダの場所にたどり着く方法でした。

Amazon売れ筋No.1チェアが4000円引きで2万以下[腰痛対策]

現時点(2020/7/3)で,Amazonのゲーミングチェア売れ筋No.1のチェアが4000円引きで売られています。

ゲーミングと名付けられていますが,要するに長時間座っていても疲れにくいことを目的としたチェアですので,オフィスワーカーにもピッタリかと。

このクオリティで2万を切るというのは,価格崩壊感あり。

しかもオットマン(足置き)付きのモデルなので,少し休憩したい際に,ほぼフラットに倒しつつ足を延ばして仮眠できます。

リモートワーク時代に入って,自宅の貧弱な椅子による腰痛が大きな問題に。

それで,こういうホールド感のある,また腰・首サポートのあるチェアを使って,体への負担を軽減しましょう。腰は一生ものですので,将来を考えると,これで2万は良い投資。

両サイドからの適度な締まりによって,集中力も上がり,一日の生産性が高まる効果も期待できそう。

リモートワーク時代で爆売れ中のようですので,気になる方は早めにポチっておくのが良いかと。今なら翌日届くようです。

RDS
MacRuby

コメント