エラー「プール内に使用可能なコンピュータがありません」の対処法

Remote Desktop Serverのクラスターを組んでいる場合,RDP接続を試みると以下のようなエラーが出る場合があります。

プール内に使用可能なコンピュータがありません。もう一度接続を試すか,ネットワーク管理者に問い合わせてください。
プール内に使用可能なコンピュータがありません。もう一度接続を試すか,ネットワーク管理者に問い合わせてください。

プール内に使用可能なコンピュータがありません。もう一度接続を試すか,ネットワーク管理者に問い合わせてください。

RDSのコレクションには,RD Session Hostサーバーが複数台登録されているはずなのに,上記のようなエラーが出る場合があります。

原因や対処方法があるのでしょうか。

RDSクラスターを再起動した直後に生じることがある

特に,RD Connection Brokerを再起動した直後に生じる可能性が高いように思います。

実際にはRD Session Hostサーバーは問題なく稼働しているように見えるのに,コレクションのプール内には存在していないかのように見なされている状態です。

新規コネクションを無効化して有効化する

そのような場合には,一時的にRD Session Host が認識されそびれている可能性がありますので,新規コネクションを無効化して有効化することにより,再認識されることがあります。

新規コネクションを無効化して有効化する

新規コネクションを無効化して有効化する

RD Session Hostを再起動する

それでも解決しないようであれば,RD Session Hostサーバーを再起動していくという方法があります。これによって,大抵の場合の問題が解消するのではないかと思います。

ユーザーへのダウンタイムが長引きますが,試してみる価値はあります。

 

以上,RDSクラスター環境において,「プール内に使用可能なコンピュータがありません。」というエラーが出る場合の対処法でした。

Amazon売れ筋No.1チェアが4000円引きで2万以下[腰痛対策]

現時点(2020/7/3)で,Amazonのゲーミングチェア売れ筋No.1のチェアが4000円引きで売られています。

ゲーミングと名付けられていますが,要するに長時間座っていても疲れにくいことを目的としたチェアですので,オフィスワーカーにもピッタリかと。

このクオリティで2万を切るというのは,価格崩壊感あり。

しかもオットマン(足置き)付きのモデルなので,少し休憩したい際に,ほぼフラットに倒しつつ足を延ばして仮眠できます。

リモートワーク時代に入って,自宅の貧弱な椅子による腰痛が大きな問題に。

それで,こういうホールド感のある,また腰・首サポートのあるチェアを使って,体への負担を軽減しましょう。腰は一生ものですので,将来を考えると,これで2万は良い投資。

両サイドからの適度な締まりによって,集中力も上がり,一日の生産性が高まる効果も期待できそう。

リモートワーク時代で爆売れ中のようですので,気になる方は早めにポチっておくのが良いかと。今なら翌日届くようです。

RDS
MacRuby

コメント