エラー「このコンピューターはリモートコンピューターに接続できません」の対処法

リモートデスクトップ接続を試みた際に,以下のようなエラーが出る場合があります。

このコンピューターはリモートコンピューターに接続できません。RDPファイルに指定されている設定を接続ブローカーで検証できませんでした。サポートが必要な場合は,ネットワーク管理者に問い合わせてください。
このコンピューターはリモートコンピューターに接続できません。RDPファイルに指定されている設定を接続ブローカーで検証できませんでした。サポートが必要な場合は,ネットワーク管理者に問い合わせてください。

このコンピューターはリモートコンピューターに接続できません。RDPファイルに指定されている設定を接続ブローカーで検証できませんでした。サポートが必要な場合は,ネットワーク管理者に問い合わせてください。

英語だと,以下のようなエラーメッセージになります。

Your computer can’t connect to the remote computer because the Connection Broker couldn’t validate the settings specified in your RDP file. Contact your network administrator for assistance.
Your computer can't connect to the remote computer because the Connection Broker couldn't validate the settings specified in your RDP file. Contact your network administrator for assistance.

Your computer can’t connect to the remote computer because the Connection Broker couldn’t validate the settings specified in your RDP file. Contact your network administrator for assistance.

 

上記のエラーが出るときの環境としては,リモートデスクトップサーバーをクラスターで組んでいる時に生じることがあります。

イベントビューアでログを見てみる

イベントビューアには,以下のようなエラーログが見つかるかもしれません。

RD Connection Broker failed to process the connection request for user **** Farm name specified in user’s RDP file (hints) could not be found.
Error: The farm specified for the connection is not present.

RDPクラスターで再起動がかかった場合

この症状が起こる代表的な場面としては,RDPクラスターがメンテナンス等で再起動された時に生じることがあります。

特に,RD Connection BrokerをHigh Availability Modeで組んでいる場合に起こりやすいと感じます。

まず試すことが出来るのは,RD Connection Broker (RDCB)のどのサーバーに接続しても同じ症状かどうかを試してみることができます。通常は,ロードバランサ―で各RDCBにトラフィックを振り分けていると思いますが,各RDCBにIPで接続を試みることができます。

もし,特定のRDCBサーバーに接続した場合には問題なくRDP接続できるようであれば,ロードバランサの設定を変更するなどして,復旧を優先させることができるでしょう。

問題があるRDCBノードを再起動する

接続ができないノードが特定出来たら,あるいはすべてのノードにおいて同じ症状が出ているのであれば,それらを順に再起動してみましょう。

RDCBのマスターノードを変更するという方法も取れるかもしれませんが,あまり良い影響は与えないと思います。治らない可能性が高いです。

それで,RDCBのノード再起動を行ってみることをお勧めします。多くの場合,それで,問題なく接続できるようになると思います。

 

以上,「このコンピューターはリモートコンピューターに接続できません。RDPファイルに指定されている設定を接続ブローカーで検証できませんでした。」というエラーがでてRDP接続できない場合の対処法でした。

Amazon売れ筋No.1チェアが4000円引きで2万以下[腰痛対策]

現時点(2020/7/3)で,Amazonのゲーミングチェア売れ筋No.1のチェアが4000円引きで売られています。

ゲーミングと名付けられていますが,要するに長時間座っていても疲れにくいことを目的としたチェアですので,オフィスワーカーにもピッタリかと。

このクオリティで2万を切るというのは,価格崩壊感あり。

しかもオットマン(足置き)付きのモデルなので,少し休憩したい際に,ほぼフラットに倒しつつ足を延ばして仮眠できます。

リモートワーク時代に入って,自宅の貧弱な椅子による腰痛が大きな問題に。

それで,こういうホールド感のある,また腰・首サポートのあるチェアを使って,体への負担を軽減しましょう。腰は一生ものですので,将来を考えると,これで2万は良い投資。

両サイドからの適度な締まりによって,集中力も上がり,一日の生産性が高まる効果も期待できそう。

リモートワーク時代で爆売れ中のようですので,気になる方は早めにポチっておくのが良いかと。今なら翌日届くようです。

RDS
MacRuby

コメント