Veeamの”Unable to establish authenticated client-server connection”エラーの対処法

VeeamでBackup and Replicationを比較的大きく運用している場合ですが,以下のようなエラーがでて,バックアップがことごとく失敗してしまうということがあります。

Unable to establish authenticated client-server connection. Unable to read data from the transport connection: An existing connection was forcibly closed by the remote host. An existing connection was forcibly closed by the remote host

Unable to establish authenticated client-server connection

Unable to establish authenticated client-server connection



「なんで2回もおんなじこと言うかな」という感じではありますが,それぐらいVeeam Agentは訴えたいことがあるようです。

このような場合,ジョブを再起動しても問題は解消しないかもしれません。
では,どのようにして対処すればよいでしょうか。

続きを読む

VeeamにおけるVBK / VIB / VBMファイルの役割とは?


Veeamをバックアップに用いている場合,バックアップサーバー内に,いくつかの種類のファイルが生成されます。

代表的なものとして,以下のようなファイルがあります。

VBK – フルバックアップファイルです。最もサイズが大きいファイルです。

VIB – 増分ファイルです。バックアップを取得するたびに,この増分ファイルが生成されますので,複数のVIBファイルが生成されていきます。

VBM – バックアップジョブのメタデータをXML形式で管理しているファイルです。
続きを読む

Veeam BackupのViBファイルを削除しても大丈夫か?

Veeamでボリュームを外部HDDなどにバックアップしている際,ディスク容量が一杯になってしまい,バックアップが失敗してしまう場合があります。

そのような場合,例えば30日間のバックアップを保持していたとすると,容量を節約するために20日分のバックアップだけ保持しておくことに変更するかもしれません。

ではその際,最も古い10日間分のバックアップデータを,つまり最も古い10個のViBファイルを削除してしまっても良いでしょうか。
続きを読む