Veeam BackupのViBファイルを削除しても大丈夫か?

Veeamでボリュームを外部HDDなどにバックアップしている際,ディスク容量が一杯になってしまい,バックアップが失敗してしまう場合があります。

そのような場合,例えば30日間のバックアップを保持していたとすると,容量を節約するために20日分のバックアップだけ保持しておくことに変更するかもしれません。

ではその際,最も古い10日間分のバックアップデータを,つまり最も古い10個のViBファイルを削除してしまっても良いでしょうか。

答えはNoです。

VeeamのViBファイルは差分ファイルであり,すべてのViBファイルがチェーンとなって,一つの大きなバックアップを構成しています。

そして,バックアップ保持期間を縮小したとしても,その統合作業が行われるのは,次のバックアップジョブが完了した後に行われます。

Mergeのジョブは,バックアップが正常に完了した後に行われるので,容量不足でFailする場合には,Mergeは実行されない。

Mergeのジョブは,バックアップが正常に完了した後に行われるので,容量不足でFailする場合には,Mergeは実行されない。



それで,ひとたび容量不足でバックアップジョブが失敗してしまった場合,これを解消するためには,根本的な策を打たなければなりません。

では,幾つかのシナリオに応じて,対処策を列挙しておきたいと思います。

想定されるケースとしては,次の2つの要素が関係します。

1.Backup Setの数
例えば2つのVMをバックアップしているとすれば,Backup Setは2です。

2.Full Restore Pointの数
Settings内のAdvanced Settingsにて,Active full backupの項目を,Create active full backups periodicallyにチェックしていると,Full Restore Pointが複数作成されます。そうでなければ,Full Restore Pointの数は1です。

Active full backupタブのCreate active full backups periodicallyにチェックしているかどうか

Active full backupタブのCreate active full backups periodicallyにチェックしているかどうか



VeeamのBackup Setが1つでFull Restore Pointが2つ以上ある場合


バックアップ先のフォルダを開き,新しいファイル順にソートします。

そして,一番下の古い.vibファイルから数えていき,最初に.vbkファイルが出てくるところまでが,一つのバックアップチェーンです。

それで,その.vibファイル群と.vbkの一式を削除して,ディスク容量を解放します。

Veeamのバックアップ保持期間の日数を調整し,バックアップのディスク容量内に収まるようにします。


VeeamのBackup Setが2つ以上でFull Restore Pointが1つの場合


1つのBackup Setをフォルダごと他の場所に移動して,容量を開放します。

残ったBackup Setに対するバックアップ保持日数を縮小してから,バックアップジョブを実行します。

すると,バックアップチェーンがシュリンクされます。

退避させていたBackup Setを元の場所に戻します。


VeeamのBackup Setが2つ以上でFull Restore Pointが2つ以上の場合


上述のどちらかの方法をとります。

古いバックアップチェーン一式を削除するか,Backup Setを退避させてシュリンクする方法です。


以上,Veeam Backupでディスクが一杯になってしまった場合ののViBファイルの圧縮方法でした。

ご質問等があれば,コメント欄にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。