「Application Blocked by Java Security」の対処法

Webサイトを閲覧したり,Webアプリを立ち上げようとすると,Javaのセキュリティーエラーとして,以下のようなポップアップが出てくることがあります。

Java Application Blocked
Application Blocked by Java Security
For security, applications must now meet the requirements for the High or Very High security settings, or be part of the Exception Site List, to be allowed to run.
Reason: Yuor security settings have blocked a self-signed application from running
Application Blocked by Java Security

Application Blocked by Java Security


もちろん,怪しいアプリケーションはブロックされるべきなのですが,これまで利用できていたアプリケーションが突然使えなくなった場合や,信頼できる政府や市町村のWebサイトがいまだに古い技術を用いてしまっているというケースもあります。

それで,とりあえずJavaのブロックを解除してアプリケーションを立ち上げるには,以下の手順で設定を行います。 続きを読む

RAIDのディスク群を別のシステムに移動させても動くのか

マザーボードの不良などが生じた場合に,RAIDディスクを他のシステムに移動させないといけないことがあるかもしれません。

その場合,新しいサーバー上でも,RAIDで構築したボリュームは正しく認識されるのでしょうか。 続きを読む

【超簡単】KUSANAGIのWordPressサイトを一発でSSL化する方法

AdSenseの管理画面を見ていると,最適化のための提案をしてくれることがあります。

その中に,サイトをSSL化した方がよいという表示が出るようになりました。

サイトの安全性を高めましょう
サイトを HTTPS 対応に設定すると、他にも多くのメリットが得られます。

サイトで HTTPS(ハイパーテキスト転送プロトコル セキュア)を設定している場合は、ブラウザのアドレスバーに緑色の南京錠アイコンが表示されます。これにより、お客様のサイトが HTTPS を利用してセキュリティを強化していることを訪問者に伝えることができます。

サイトを HTTPS 対応に設定すると、他にも次のような重要なメリットが得られます。
Google 検索結果におけるサイトのランクが向上します。
他の安全なウェブサイトからのトラフィックの正確な分析情報を利用できる。
トラフィックのハイジャック被害に対する安全性が向上します。
続きを読む

ユニファイドI/Oとは?

データセンターのネットワークトポロジを考える上で,ユニファイドI/Oという言葉が出てきます。
簡単に言うと,サーバーのI/Oインターフェースを統合することです。

これまでは物理サーバー1台に対して,ファイバチャネルインターフェースやイーサネットインターフェースなどが複数搭載されており,カードやケーブルのコストが多くかかっていましたが,それらを10Gなどの広帯域インターフェースに統合することで様々なコストを削減しようという考え方です。

言い換えるなら,サーバーからネットワーククラウドまでを一本のケーブルで済ませ,それによってクラウド上のあらゆるサービスにアクセスできるようにするという考え方です。 続きを読む

Ciscoデータセンターデザイン – 次世代に求められること

次世代に求められるCiscoデータセンターデザインに関して,公式ドキュメントから学んだ情報をまとめておきます。

現在のデータセンターは,主に次のような必要を満たすようにして設計されます。

・高いレベルの信頼性があるネットワーク。アップデートや構成変更によるダウンタイムを最小化。ひとたびアーキテクチャが作られたなら,停止することを最小限にとどめて運用すること。

・ネットワーク帯域を効果的に用いる。どのネットワークリンクもアイドル状態であることを望まない。例えば,従来のSTPの技術はアクティブスタンバイの構成なため,帯域を十分に生かすことができない。それで,vPCなどのL2におけるマルチパス技術の必要性が高まっている。

・リソースを最適化し,物理的なノードを増やさなければならない状況をなるべく避ける。サーバー仮想化などによって必要が満たされる。

・新しいサーバーを展開する時間を最小化したい。サーバープロファイルなどの構成ファイルによって新しいハードウェアのセットアップを容易にする。

・データセンターの電力消費量を節約したい。ユニファイドファブリックや,サーバー仮想化,省エネの機器を採用する必要がある。

・低コストでコンピューターパワーを拡張したい。ハイパフォーマンスなクラウドを利用することは,エンタープライス製品をオンプレミスにインストールするよりも競争優位。
続きを読む

ファイバーチャネルフォワーダー(FCF)とは?

FCoE環境において,ファイバーチャネルフォワーダー(FCF)という言葉が出てきます。

では,ファイバーチャネルフォワーダーとはどんな機能を提供するものなのでしょうか。

それは,イーサーネットブリッジから送られてきた,カプセル化されたFCoEフレームを展開し,FCフレームに変換する機能です。 続きを読む

Ciscoデータセンターデザイン – 最近の動向

最近のCiscoデータセンターデザインに関して,公式ドキュメントから学んだ情報をまとめておきます。

最近のデータセンターのほとんどが,Ciscoのマルチレイヤ―トポロジーとして知られる,コア,アグリゲーション,アクセスレイヤーという構成で作られています。

典型的なデータセンターの作り方として,podという概念を使っています。それは,データセンターのアクセスレイヤーをひとまとまりにした構成です。podは,幾つかのサーバーラックを用いて構成されることもありますし,マシン群をひとまとまりにした形で構成されることもあります。 続きを読む

Cisco FWSMとは?ASAとの違いは?

データセンターのネットワークトポロジーを考える際に,Cisco FWSMという言葉が出てきます。

Cisco FWSMとは,Firewall Services Moduleの略で,Cisco Catalyst 6500シリーズのスイッチや,Cisco 7600シリーズのルーターに搭載されているファイアーウォールモジュールです。

1つのシャーシに対して,4つまでのFWSMをインストールすることができ,1シャーシにつき20Gbpsまで拡張することできます。

すでにこの製品の販売は終了しており,2007年9月にサポートも終了しています。
続きを読む

ipmi v2.0 password hash disclosureの対処法

セキュリティの警告として,ipmi v2.0 password hash disclosureというメッセージに遭遇する場合があります。

とりわけ,Dell iDRACやHP iLOなどに反応して生じる可能性があるようです。

では,ipmi v2.0 password hash disclosureとはどのようなリスクがあるのでしょうか。どうやって解消したらよいのでしょうか。
続きを読む

PowerShellでユーザーの一覧を出力する方法

WindowsでRDSを管理している際に,PowerShellでユーザープロファイルの一覧を取得したい場合があるかも知れません。

そして,最近アクセスがあった順に並べ替え,アクティブなプロファイルと,古い不要なプロファイルを見分けたいということもあるでしょう。

そのような場合,WMIでユーザープロファイルにアクセスして最終アクセス日時の要素を取り出して…ということを考えるかも知れませんが,もっと簡単に一覧を出力することができます。

PowerShellで最も簡単にユーザープロファイルの一覧を出力する方法は以下の通りです。
続きを読む