EaseUS Data Recovery Wizardでデータを復元する方法

最近,バックアップ関連のソフトウェアで目にするEaseUSですが,データ復元で利用してみましたので使用感をレビューします。


EaseUSとは?


EaseUSとは,ディスク管理やバックアップソフトを多数展開しているソフトウェア開発会社です。読み方は「イーザス」で,設立は2004年,180か国以上で展開しているようです。

その中の,EaseUS Todo Backupというフリーソフトは,自分のPCをHDDからSSDに換装する際にクローン作成で使ったことがありましたので,わりと信頼できるのではないかと思っています。

日本国内の主要取引先を見ても,アマゾンや楽天などの企業が実績として掲載されています。

データのリカバリーとなると,一発勝負であることも多いので,信頼できるソフトウェアを選ぶことは肝心です。


EaseUS Data Recovery Wizardシリーズ


そのEaseUSの製品の中で,データ復旧をあつかっているのが,EaseUS Data Recovery Wizardシリーズです。

EaseUS Data Recovery Wizardには幾つかのエディッションがあり,フリー版や,Pro版,Technician版となっています。

Free版だと,復元可能なデータ量は合計500MBという上限が設けられていますが,SNSでシェアすると,上限が2GBまで引き上げられるようです。

もしそれ以上のファイル復旧が必要でしたら,Pro版(8,900円)を購入しましょう。


Data Recovery Wizardをインストール


上記URLから体験版か無料版をダウンロードしたら,インストールしましょう。クライアントだけでなく,Windows Serverにも対応しています。

今回は体験版をまずダウンロードしてみました。ウィザードに従って,インストールを進めます。

ダウンロードしたdrw_trial.exeというファイルを管理者で実行します。

ダウンロードしたdrw_trial.exeというファイルを管理者で実行する。

ダウンロードしたdrw_trial.exeというファイルを管理者で実行する。



言語の選択画面が現れますので,日本語を選択します。

言語の選択画面が現れますので,日本語を選択する。

言語の選択画面が現れますので,日本語を選択する。



セットアップウィザードが立ち上がりますので,次に進みます。

セットアップウィザードが立ち上がる。

セットアップウィザードが立ち上がる。



使用許諾契約が表示されますので,同意します。
使用許諾契約に同意する。

使用許諾契約に同意する。



インストール先を選択します。デフォルトのままでよいでしょう。

インストール先を選択し,確認する。

インストール先を選択し,確認する。



プログラムのショートカット名を変更できます。デフォルトでOKです。

プログラムのショートカット名を確認して次へ。

プログラムのショートカット名を確認して次へ。



デスクトップ上にアイコンを作成するかどうかを選択します。

デスクトップ上にアイコンを作成するかどうかを選択する。

デスクトップ上にアイコンを作成するかどうかを選択する。



最終確認画面が表示されますので,インストールします。

最終確認画面が表示されるのでインストール。

最終確認画面が表示されるのでインストール。



完了と同時にData Recovery Wizardを起動しましょう。

完了と同時にData Recovery Wizardを起動する。

完了と同時にData Recovery Wizardを起動する。




Data Recovery Wizardでデータの復元を試みる


では早速,削除してしまったファイルを復元できるかどうか,試してみましょう。

よくあるケースですが,外付けのHDDやUSBメモリにファイルを保存していた時,ファイルを削除するとゴミ箱に行くのではなく,そのまま削除されてしまうというケースです。

そのようなケースで実際にファイルを復元することができるのでしょうか。

今回は,16GBの外付けHDDを用意し,幾つかの種類のサンプルファイルを保存しました。

幾つかのサンプルファイルを用意した。

幾つかのサンプルファイルを用意した。



そして,それらを削除します。

では,Data Recovery Wizardから復元を試みてみましょう。

アプリケーションを立ち上げると,スキャン可能なドライブが一覧で表示されますので,対象のドライブを選択します。

対象のドライブを選択する。

対象のドライブを選択する。



リカバリプロセスには2種類あるようで,まずはクイックスキャンが行われ,続いてディープスキャンと呼ばれるものが走ります。

クイックスキャンとディープスキャンが行われる。

クイックスキャンとディープスキャンが行われる。



今回はソフトデリートでしたので,クイックスキャンですべてのファイルを検出できたようです。実はシステムの隠しフォルダがあり,ドライブ内にある$RECYCLEBINというフォルダにデータが残っていたので,すぐに見つけることができたようです。
すべてのデータを発見することができた。

すべてのデータを発見することができた。



ハードデリートした場合にも復元可能か


今度は,単純削除ではなく,ゴミ箱からも消えるようにShift + Deleteボタンで削除してみました。

そして,Data Recovery Wizardで改めてリカバリプロセスを走らせます。すると,ディープスキャンのプロセスで,すべてのファイルを検出することができました。

検出済みのファイルは,自動的にソートされて,ファイルタイプごとにカテゴライズされています。

検出できたファイルはタイプごとにカテゴライズされている。

検出できたファイルはタイプごとにカテゴライズされている。



では,検出されたファイルをプレビューしてみましょう。

検出されたファイルをプレビューで確認する。

検出されたファイルをプレビューで確認する。



目的のデータがばっちり検出できていますので,リカバリーをクリックします。

検出済みのファイルをリカバリーする

検出済みのファイルをリカバリーする



すると,無料体験版ではデータのプレビューまでしか行えないというメッセージがでますので,ライセンスを購入するか,フリー版のData Recovery Wizardを利用しましょう。

無料体験版ではデータのプレビューまで。

無料体験版ではデータのプレビューまで。



ライセンスを入力して,「ライセンス認証」ボタンをクリックします。

ライセンスキーを入力する。

ライセンスキーを入力する。



ライセンスが認証されました。

ライセンス認証が完了。

ライセンス認証が完了。



これで,再度リカバリーを試みると,復元先の場所を選択することになります。しかし,復元元と復元先の場所が同じだった場合に以下のようなエラーが出ます。

紛失データが存在していたドライブにファイルを保存すると,復元が成功しない可能性があります。別の保存場所を指定してください。

紛失データが存在していたドライブにファイルを保存すると,復元が成功しない可能性があります。別の保存場所を指定してください。



確かに,復元元にデータを上書きするのは危険ですので,他のドライブにリカバリーしましょう。

無事にファイルの復元が完了しました。

ファイルが正しく復元された。

ファイルが正しく復元された。



ドライブをフォーマットした場合はどうか


ちなみに,ドライブをフォーマットした場合にどうなるかを試してみました。

ドライブをフォーマットしてみる。

ドライブをフォーマットしてみる。



クイックフォーマットをかけたのですが,その場合にはディープスキャンでもデータを検出することはできませんでした。

フォーマットをかけたら,ディープスキャンでも検出できなかった。

フォーマットをかけたら,ディープスキャンでも検出できなかった。



もっとも,誤ってドライブをフォーマットしてしまうというケースはそう多くないはずですので,この辺りは想定の範囲内という感じです。

操作も非常に簡単で,データ復旧ソフトとしての実力は十分だと感じます。


別のマシンで使用したい場合


もしData Recovery Wizardを他のクライアントで利用したい場合には,ライセンスリセットの申請を行うことで,再認証が可能になるようです。

ライセンスリセットの申請は,以下のページから行うことができます。
https://jp.easeus.com/company/contact.html


まとめ


今回は,サンプルのデータで復元テストを行いましたが,仕事上で用いるファイルであれば,有償でも復元する価値があるデータは多く存在します。

Data Recovery Wizardの操作性から言って,不可逆的な影響をディスクに与えるようにも思いませんでしたので,誤ってファイルを削除してしまったというレベルであれば,まずは無料版で試してみて,500MB以上のデータを復元するときにはライセンスを購入するというステップが現実的かと思いました。

他のデータ復旧系のサービスを展開している業者の中には,持ち込まれたHDDのデータを復元できなかった場合,他の業者で復元できるとメンツが立たないので,さらにHDDを傷つけてから返却するというところもあるようです。

ですので,まずはソフトウェア的に復旧が可能かどうかを試みるのが良い選択です。

そういった意味で,Data Recovery Wizardは操作性も簡便ですし,データ復元ソフトとしてお勧めできるプロダクトだと思いました。

以上,Data Recovery Wizardを用いたデータ復旧のレビューでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。