OutlookのRoamCacheフォルダーとは?

Outlookのトラブルシューティングを行っていると,以下のようなパスにRoamCacheというフォルダがあることに気づきます。

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Local\Microsoft\Outlook\RoamCache

このRoamCacheというフォルダは何のためにあるのでしょうか?

RoamCacheフォルダの中身


RoamCacheフォルダの中には,以下のようなファイル名のキャッシュファイルがあります。

Stream_MRM
Stream_Autocomplete
Stream_CategoryList
Stream_WorkHours
Stream_AvailabilityOptions
Stream_Calendar
Stream_ContactPrefs
Stream_ConversationPrefs
Stream_RssRule
Stream_TCPrefs
RoamCacheフォルダの中には様々なキャッシュファイルが保存されている

RoamCacheフォルダの中には様々なキャッシュファイルが保存されている


これらのファイルは,Outlookのパフォーマンスを向上させるために作成されるキャッシュファイルです。

例えば,Stream_Autocompleteというファイルは,過去に送信したことのあるメールアドレスをキャッシュしているファイルです。

このキャッシュファイルを利用することにより,オートコンプリート機能の高速化が見込めます。

それで,キャッシュファイルがある限り,Exchangeサーバー内のメールボックスにクエリを投げる必要がなくなります。


RoamCacheフォルダを削除してもよいか


結論からいうと,削除しても構いません。

Outlookを再起動すると,このフォルダは再作成されます。

それで,もしキャッシュが関係した不具合が疑われる場合には,このRoamCacheフォルダはサクッと削除しても大丈夫です。


以上,OutlookのRoamCacheフォルダについての情報でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。