Windows10でChromeの新規タブが重い場合の対処法

Windows 10にアップグレードしてからというもの、Chromeの調子が良くありません。

Chromeでの症状


新規タブを開こうとすると、真っ白な画面で10秒ぐらい待たされてから、ようやくホームページが表示されるのです。

Windows 10にアップグレードしてから直後は、インターネットにさえつながらない状態だったのですが、それは、以前の記事で解消することができました。

しかし今度は、新規タブが重くてなかなか開かないという症状です。

いったん開くことが出来れば、その後は特に以前と変わらないスピードでブラウジング出来てしまうので、この状態で一週間ほどだましだまし使っていたのですが、もう耐えられなくなり、重い腰を上げて、トラブルシューティングすることにしました。


Chromeの新規タブが重い場合の解決策


もちろん色々な原因があると思いますが、私の場合は、Chrome再インストールも、プロファイル削除も、有効ではありませんでした。

Chromeの新規タブが重い問題に対して、最終的に効果があったのは、以下の設定でした。

コントロールパネル -> インターネットオプション -> 「接続」タブ -> LANの設定
から、「設定を自動的に検出する」をアンチェック

これで、ブラウザを再起動したところ、新規タブでも一秒以内に表示されるようになりました。

もし、まだお試しではない方がおられましたら、ぜひ試してみていただければと思います。

Windows10でChromeの新規タブが重い場合の対処法” への2件のコメント

  1. ありがとうございました。
    この方法で、Windows10にアップデートする前の快適な速さに戻りました。
    感謝です!!!!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。