vSphere Web Clientでの「Queued For」の意味とは?

vSphere Web Clientで,ジョブを眺めていると,Queued Forという項目があることに気づきます。

Queued For 123 ms

単位がmsなので,何らかの遅延や距離を表しているようですが,どういう意味なのでしょうか。
続きを読む

DHCPのDORA方式とは?

DHCPサーバーに関係するトラブルシューティングを行う場合など,DHCPサーバーがアドレスをリースする仕組みをよく理解していなければなりません。

そこで出てくる言葉が,DORA方式です。

では,DORA方式とは何を意味しているのでしょうか。
続きを読む

CiscoでExitとEndコマンドの違いとは?

Ciscoのコマンドで,あるモードを終了する際に,Exitコマンドを使う場合と,Endコマンドを使う場合があります。

この2つのExitとEndコマンドにはどのような違いがあるのでしょうか。
続きを読む

オライリー本の表紙の意味

オライリーの技術本シリーズは,表紙に動物がデザインされていることで知られています。しかし,なぜ動物なのか,その意味についてはあまり知られていません。

表紙デザインは,オライリー社のCreative Directorとして働くEdie Freedman氏によるものです。

彼女自身が,技術本であるオライリーシリーズの表紙になぜ動物を採用したのか,その意味と理由について以下のように述べています。
続きを読む

ユニファイドI/Oとは?

データセンターのネットワークトポロジを考える上で,ユニファイドI/Oという言葉が出てきます。
簡単に言うと,サーバーのI/Oインターフェースを統合することです。

これまでは物理サーバー1台に対して,ファイバチャネルインターフェースやイーサネットインターフェースなどが複数搭載されており,カードやケーブルのコストが多くかかっていましたが,それらを10Gなどの広帯域インターフェースに統合することで様々なコストを削減しようという考え方です。

言い換えるなら,サーバーからネットワーククラウドまでを一本のケーブルで済ませ,それによってクラウド上のあらゆるサービスにアクセスできるようにするという考え方です。 続きを読む

ファイバーチャネルフォワーダー(FCF)とは?

FCoE環境において,ファイバーチャネルフォワーダー(FCF)という言葉が出てきます。

では,ファイバーチャネルフォワーダーとはどんな機能を提供するものなのでしょうか。

それは,イーサーネットブリッジから送られてきた,カプセル化されたFCoEフレームを展開し,FCフレームに変換する機能です。 続きを読む

Cisco FWSMとは?ASAとの違いは?

データセンターのネットワークトポロジーを考える際に,Cisco FWSMという言葉が出てきます。

Cisco FWSMとは,Firewall Services Moduleの略で,Cisco Catalyst 6500シリーズのスイッチや,Cisco 7600シリーズのルーターに搭載されているファイアーウォールモジュールです。

1つのシャーシに対して,4つまでのFWSMをインストールすることができ,1シャーシにつき20Gbpsまで拡張することできます。

すでにこの製品の販売は終了しており,2007年9月にサポートも終了しています。
続きを読む

LLDP (Link Layer Discovery Protocol)とは?

Ciscoのスイッチを設定していると,LLDPの機能が有効になっている場合があります。

では,LLDPとは何のことなのでしょうか。

LLDPとは,Link Layer Discovery Protocolの略で,直訳すると,リンク層の検出プロトコルです。

LLDPを使うと,アクセスデバイスの展開や,エンドポイントマッピングの拡張,トラブルシューティングや管理をシンプルにするのに役立ちます。
続きを読む

逆プロキシの「逆」の意味とは?

Webサーバーを公開する際などに,リバースプロキシ(逆プロキシ)を設置する事の利点について論じられることがあります。

逆プロキシの利点を簡単に述べるなら,ウェブサーバーへの負荷を軽減させることができたり,セキュリティを高めることができると言われます。

逆プロキシって何が逆なの?

続きを読む